マイコプラズマ肺炎 子供だけでなく、大人にも感染 (乾いた咳に注意)

p

晩秋から早春にかけてが多いと言われるマイコプラズマ肺炎
症状が風邪と似ているために、長引くしつこい乾いた咳に注意です。

スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎とは

「肺炎マイコプラズマ」という細菌に感染することで起こります。
呼吸器感染症で、感染します。

14歳以下が患者の80%ですが、成人に感染することもあります。(8~9歳がピーク)
放置すれば肺炎を起こして重症化する可能性もある。

どのように感染するか

咳によってしぶきを吸い込んだり、唾液、患者と接触したりすることで
飛沫感染します。

感染から発症するまでの潜伏期間は長く、2~3週間位とされています。

マイコプラズマ肺炎の症状は

おもに風邪と似た症状で、長引くしつこい咳がでる。(朝、夜、就寝時増強する)
発熱、全身倦怠感(だるさ)、頭痛、痰を伴わない咳などです。

多くの人は感染しても気管支炎ですみ症状は軽くて済みます。

(小児の方が軽い)
一部の人は肺炎となり、重症化することもある。

治療法

抗菌薬(抗生物質)によって治療をする。
薬の副作用で、吐き気が出る場合がある。

どんな食事をとるのが良いか

食事は、消化が良い物がいいです。

プリンが一番オススメ! (栄養価も高く喉通りもいい)
うどん(よく煮込んだもの)、白身魚、豆腐、鶏のささ身、

缶詰の果物(生ではなく缶詰がよい)ヨーグルト、ゼリー食品、すり下ろしリンゴなど
(風邪の症状に準じるもの)

あとがき

治療をしないと2ヶ月と長期間治らない場合もあるそうです。
姪がマイコプラズマ肺炎にかかって、症状を聞いたら初心は風邪と診断されたそうです。

幼児のため、症状は軽かったそうですが、大人が放置すれば肺炎を起こして
重症化する可能性もあるそうですので、長引くしつこい咳が出ているときは

気をつけてくださいね。(表紙画像著者eva poly)
じゅんTA 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る