大腰筋をきたえる体操で脂肪燃焼しやすい体質へ

大腰筋体操で脂肪燃焼

大腰筋をきたえる体操で脂肪燃焼しやすい体質になると、ダイエット効果だけではなく
その他にもいい効果が期待できます。

逆に、大腰筋がおとろえるとつまずきやすくなったりしますので、この機会に大腰筋をきたえる
方法を知っておくといいかもしれません。

スポンサードリンク

大腰筋がおとろえると

大腰筋が衰えるとつまづきやすく、転びやすくなります。

高齢者が転倒して、骨折する可能性が高い。

寝たきりや介護になる原因になる。

血行不良、むくみ、冷え性、便秘になりやすい。

腰痛の原因になる。

猫背になりやすい。

大腰筋をきたえると

ふとももがほそくなる。

下っ腹がへこむ。

代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい体質になる。

大腰筋をきたえる体操

全部で5分くらいの体操です。
覚えてしまえばそれほど難しくないので、一緒に大腰筋をきたえましょう。

1.脚ワイパー

足を前に投げ出します。

足首、ひざを内側と外側にワイパーのように足を外に開いたら、今度は内側に足をひねります。

この時に、足の付け根から動かすイメージでゆっくりと動かします。

2.脚お絵描き

両ひざを立てて仰向けになります。
軽くあごをひいて、手は体の横におきます。

片足を持ち上げて大きな○を描きます。
この時太ももの付け根から大きく動かすイメージで丸を描きます。

外側から○を描いたり内側から○を描いたりします。
慣れたら△や自分の名前を書きます。

次に足を交代して反対の足でも行います。

3.空気の壁踏み

足は肩幅に開き、仰向けになります。
軽くあごをひき、手は体の横におきます。

足の裏で垂直の「空気の壁」を踏むイメージで片足ずつ伸ばします。
踏む足側の、腰、背中、ひざを一緒に伸ばします。

4.脚またぎ

背筋を伸ばして座ります。
手はお尻の後ろにおき、体を支えます。

片方のひざを立てます。

立てた足で伸ばしている足をまたぎます。
その足を戻します。

慣れてきたら、立てた足側のお尻を持ち上げてまたぎます。
足を戻します。

みぞおちから下をひねるようなイメージです。
反動を使わないようにゆっくり動かしましょう。

さらに出来る人は、床に足をつけずに往復してみましょう。

足を入れ替えて反対も行います。

5.お尻歩き

足を前に投げ出して座ります。
背すじを伸ばし、姿勢良く座ります。

手は胸の前でクロスします。

片側の足とお尻を左右交互に浮かせます。
慣れてきたら前に進みます。

この時、お尻を床にずってしまわないように気をつけます。
今度は後ろにも下がります。

姿勢が悪くならないように、気をつけましょう。

6.浮き腰&その場足踏み

足は、つま先を正面に向けます。

膝から胸までがななめ一直線になるように保ちます。

この時、膝が開いたり、閉じたりしないように気をつけます。
この形を保ちながらゆっくりとその場で、足踏みをします。

お尻が落ちないように気をつけましょう。

7.しこふみから立ち上がり

つま先を外側へ向けて足を大きく開きます。
膝が内側に入らないように気をつけます。

背筋を伸ばしたままゆっくりと腰を落とします。

手を下から持ち上げ、ゆっくりと立ち上がり伸びます。
(この時に大きな石を持ち上げるようなイメージです。)

立ち上がる時に手を上に伸ばします。

→ 大腰筋体操 YouTube   

おわりに

普段から大腰筋をきたえておくと、基礎代謝が上がり、ダイエット効果にもなるんですね。
逆にきたえておかないと腰痛改善や、つまずき、骨折などの予防にもなることがわかりました。

体操はわりと簡単にできますので、無理なく毎日続けて大腰筋をきたえたいと思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

シミのお薬シミトール 初回限定価格 口コミ評価3

2014.3.13

シミのお薬シミトール口コミ・評価 ~初回限定価格~

「2015年6月28日更新→価格の変更を追記(初回限定980円はそのまま)」 シミトールは、創業60年の水橋保寿堂製薬の商品です。はなまる…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る