えのき茶 はなまるマーケット 作り方 内臓脂肪効果

えのき茶 はなまるマーケット 作り方

えのき茶も今日のはなまるマーケットで今年流行りそうだと放送されていました。
内臓脂肪に効果と言われているえのき茶とは、どのようなものでしょうか?

スポンサードリンク

内臓脂肪効果

えのきたけに含まれているキノコキトサンが脂肪の吸収を抑え、エノキタケリノール酸が
内臓脂肪を分解する効果がある。

キノコキトサンとエノキタケリノール酸を十分に活かすには、
干しえのきにすることだそうです。

干すことでえのき茸の細胞膜が破れ、キノコキトサンとエノキタケリノール酸が吸収されやすくなります。
さらにえのきを干すことで、えのき茸の内部にビタミンDが生成されます。

えのき茶を2週間飲んだある人の結果は、
内臓脂肪が半分くらいになり、体重も2週間で、1~2キロ減少したそうです。

えのき茶の作り方

1. えのきの根は切り落とす。

2. えのきたけを天日で3日ほど干して乾燥させる。

3. えのきが茶色になって10分の1ぐらいになったら5ミリ程度に短くカットする。

4. えのきを保温容器に入れてお湯を注ぎ、30分以上置く。

飲み方

干しえのきたけ5gとお湯500ccをポットなどに入れて30分たってから飲む。

干しえのきたけから作る「えのき茶」を500ccを1日に数回の分けて飲む。

面倒な方は市販でも販売されていますので、利用されるのもいいかも。

気になる味は

テレビでやっくんは美味しいとはいえないけど・・

と言っていましたが、なんだかんだ飲んでいました。
やはり健康になるのだから、よほどでなければ体にいいものは飲みますよね。

保存の仕方

ビンなどに入れておくと2週間位保存ができるそうです。

乾燥剤も一緒に入れておきます。

除湿剤を一緒に入れておかないと、えのきたけに残った水分でカビが
生えるそうです。

おわりに

何の運動もせず、お茶を飲み続けるだけで、内臓脂肪と体重が減るなんてすごいですよね。
内臓脂肪は気がつきにくいので、えのき茶を普段から取り入れて予防したいと思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

シミのお薬シミトール 初回限定価格 口コミ評価3

2014.3.13

シミのお薬シミトール口コミ・評価 ~初回限定価格~

「2015年6月28日更新→価格の変更を追記(初回限定980円はそのまま)」 シミトールは、創業60年の水橋保寿堂製薬の商品です。はなまる…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る