えのき茶 作った感想 はなまるマーケット

えのき茶 はなまるマーケット 作り方6

えのき茶を作ってみました。
はなまるマーケットでみた方法と、朝いちのいいとこどりのえのき茶を作った感想です。

スポンサードリンク

えのき茶

内臓脂肪に効果的と、言われているえのき茶です。
2週間で26%も内臓脂肪が減ったという報告もあります。

えのきたけに含まれているキノコキトサンが脂肪の吸収を抑え、
エノキタケリノール酸が内臓脂肪を分解する効果があるそうです。

→ 前回のえのき茶の記事

えのき茶作り方と飲み方

NHKの朝いちという番組でも、えのき茶を放送していたそうです。
そこで、はなまるマーケットと朝いちの作り方のいいとこどりをしました。

1. えのきを天日干しにして細かく切ざむ。天日干しは2時間ぐらい。

はなまるマーケットでは3日天日干しするそうですが、半日天日で干して
水分が残っている場合はフライパンで7、8分ほど煎りました。

2. やかんなどで水を沸騰させて、95度程度までさます。

3. 保温ポットに、刻んだほしえのきを5g、お湯500mLを入れ、ふたをする。

4. 30分そのまま置いて出来上がり

[adsense]

えのき茶の飲み方

500mLを1日かけて飲むこと。

中に入っている干しえのきはそのまま食べるか、しっかり絞って飲みきるか、どちらかすること。

えのき茶を作って飲んだ感想

はなまるマーケットでは、えのき茶を95度のお湯に入れるとは書いてありませんでした。
そのため、沸騰したポットのお湯でいれました。

30分後に飲むとえのき茶は、少し冷めた感じになりました。
そこで、えのき茶を作るときは熱めのお湯がいいと思います。

味については、やっくんが言っていた通り、おいしいものではありません。
えのきの香りがするお湯?という味です。

飲めないわけではないですが、効果がかわらないのであればウーロン茶を入れたり
お味噌汁に入れたりすれば、500mLはとれると思います。

干しえのきを作るのが面倒な人は、ネットでも手に入ります。

おわりに

最初はえのき茶は、おいしいものではないと思いながら飲みましたが、
慣れてきたら普通に飲めるようになりました。

2週間後には内脂肪が減っているぞ!と思いながら続けたいと思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る