尿漏れについて 骨盤底筋体操で7割が改善

尿漏れ

女性の尿漏れについて、今CMで放送されている過活動膀胱も
尿漏れに含まれています。
体操での改善について調べてみました。

スポンサードリンク

尿漏れ

自分の意志とは関係なく、思いも寄らぬ場所で漏れてしまうのが尿漏れです。
本人にとってはとても辛い症状です。

過活動膀胱については前回の記事で書きました。

トイレの悩みがあるなら、過活動膀胱かもしれません CM中

尿漏れタイプ

尿漏れには主に2つのタイプがあるそうです。
尿漏れの9割がどちらかに当てはまるそうです。

腹圧性(ふくあつせい)尿失禁

女性はほとんどが腹圧性(ふくあつせい)尿失禁で、このタイプです。

どんな症状か例をあげてみると、

Aさんの場合・・60歳を過ぎた時から、ある時外出していた時に突然漏れました。
        それ以来どこで漏れるか不安で、外出ができなくなってしまいました。
        自殺したいほど悩んでいます。

Bさんの場合・・子供の運動会で走ったらズポン急にびしょ濡れになってしまった。
        病院で相談したが、医師からは「走らなければいい」と言われてショックでした。
        周囲は理解してくれない。

Cさんの場合・・突然尿漏れが起こるので、友達との旅行も疎遠気味になってしまいました。
       友だちからは付き合いが悪いと言われるようになったが、家族にも誰にも相談できずに
       つらい状態です。

骨盤底筋体操

骨盤底筋体操で7割は改善できるそうです。

骨盤底筋以外の筋肉に力が入ると、効果が下がりますので
お腹、お尻、太ももの筋肉にチカラが入らないようにしましょう。

椅子に座って骨盤底筋体操

椅子に座って骨盤底筋体操する方法です。
1.まず膣と肛門の周りの筋肉をキュット締め、膣と肛門が椅子から浮くようなイメージで
お腹の中に引っ張り上げるように行う。

2.この動作を速い動き(2秒締めて4秒休める)を5回繰り返します。
3.次に遅い動き(5秒締めて10秒休める)を5回繰り返して行います。

立つ姿勢と寝る姿勢

立つ姿勢も寝る姿勢も同じです。
1.まず膣と肛門の周りの筋肉をキュット締め、膣と肛門が椅子から浮くようなイメージで
お腹の中に引っ張り上げるように行う。

2.この動作を速い動き(2秒締めて4秒休める)を5回繰り返します。
3.次に遅い動き(5秒締めて10秒休める)を5回繰り返して行います。

目標は1日10セットです。
継続して毎日の日課として行います。

おわりに

せっかく病院に行って相談しても、そっけなく言われたらショックですよね。
最近はCMでも知られるようになったので、そういうこともあまりないと思いますが
誰にも相談できないのは苦しいですよね。

毎日の体操で骨盤底筋を鍛えましょう。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る