トマトダイエット2日目 トマトカレー

トマトカレー

トマトダイエットでは、トマトジュースを使った料理をご紹介します。
トマトのリコピンは女性にとってもうれしい効果があります。

今回はトマト料理の2回めとして、トマトカレーをご紹介します。

スポンサードリンク

トマトダイエットルール

トマトダイエットは夕食と一緒にトマトを摂取するのがルールです。
最低3ヶ月、理想は6ヶ月続けることです。

肌や爪の生まれ変わるリサイクルが、平均6カ月だそうなので、
焦らずに取り組んで継続できるようにトマトを上手に取り入れたいです。

寝不足や偏食などをしないように、規則正しい生活をしましょう。

ダイエットの効果がでるにはリコピンの量によってくるので、1日にリコピンを15mg以上
とるようにしましょう。

今回使用のトマトジュースは180ccにリコピンが20mg入っています。
それを飲むだけではなく、トマト料理として取り入れて見たいと思います。

リコピン

トマトのリコピンには

・動脈硬化を予防

・お肌をシミ・しわ予防

・ストレスを予防

・ガンを予防

・年齢からくる目の衰え予防

などの効果があります。

トマトダイエットの記事

トマトカレー

材料

豚の細切れ肉やウインナーなど 50g
じゃがいも1個
玉ねぎ氷 2個
にんじん 1/2本
カレー粉 1~2個
トマトジュース180cc
油    適量
にんにく 1かけ
しょうが 適量
コンソメ 小さじ1
ヨーグルト50g
ケチャップ 適量

玉ねぎ氷の作り方記事

作り方

1.圧力鍋に油をひき、しょうがとにんにくのみじんぎりを炒める。

2.肉、じゃがいも、にんじんを炒め、玉ねぎ氷、トマトジュー、コンソメ、ヨーグルトを1に入れる。

4.野菜が煮えたらカレー粉を入れる。
3.煮詰めて味を調整する。(ケチャップや塩こしょうなど)

今回は時短のために圧力鍋を使いました。
他のレシピを参考に作りましたが、圧力鍋で作る時は野菜が煮えてからカレー粉を入れたほうがいいです。

一緒に入れると書いてあったので全部一緒に入れたら野菜がまだ良く煮えず、カレー粉は焦げていました。
圧力鍋は便利で、簡単にじゃがいもなどがやわらかくなります。

ここに隠し味で牛乳などを入れてもいいと思います。
自分の好みの味に仕上がれが完成です。

食べた感想

トマトカレーですが、トマトの味はそれほど感じませんでした。
カレー粉が中辛しかなかったので、少し辛めに感じました。

カレー粉は最初に1個入れて様子をみて増やした方がいいです。
次の日に粉チーズをかけて食べました。
まろやかで、おいしかったです。

隠し味にケチャップとチョコレート1かけを入れました。

ここに粉ゼラチンを入れたら良かったかなと思いました。
そうすると、一緒にコラーゲンもとれますね。

おわりに

カレーは少し辛めでしたが、次の日はまろやかでおいしかったです。
今回はお肉のかわりにイカの炒めたものを使いました。

基本は自宅にあるものでいいと思いますので、簡単にトマトジュース
でリコピンが取れると思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト6

2015.4.21

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト

2014年12月~ヨーグルトの食べ比べを開始し120種類以上のヨーグルトを食べました。つい最近では「プレーンヨーグルト無糖タイプ」を食べるよ…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る