トマトダイエット3日目 トマトオムライスレシピ

オムライス

トマトダイエット3日目は、トマトオムライスです。
お米とトマトジュースを入れて、炊飯ジャーで炊けば簡単です。

スポンサードリンク

トマトダイエット

トマトダイエットは夕食にトマトを食べるだけのダイエットなのですが、
生でトマトを食べるのも大変なので、代用のトマトジュースを使って
毎日続けられるように、トマトジュースを使ったレシピをご紹介しています。

トマトダイエットの効果を上げるためには、リコピンの量が重要だそうです。
そこで、リコピンの量が多いトマトジュースを使っています。

1日にリコピンを15mg以上とるようにしましょう。
トマトジュースにもよりますが、180~200で20mgくらいは取れると思います。
ちなみに理想のは180ccでリコピンが28mgと書いてありました。(ペットボトル入り)

理想のトマトダイエット記事

トマトオムライスレシピ

材料
お米1cc
トマトジュース240cc

玉ねぎ氷 2個(たまねぎの代わりに)
人参 1/3本
ウインナー 3本
油 適量

卵 4個
牛乳 50cc
バター 大さじ2

ケチャップ 適量

作り方

1.お米を洗ってザルに上げておく。

2.人参、薄切りにしたウインナーを油で炒める。(たまねぎを使う人はここでみじん切りのたまねぎも炒める)

3.炊飯ジャーに、1と2と玉ねぎ氷、トマトジュースを入れて炊く。

4.卵と牛乳を混ぜ、バター半分の量をフライパンで熱し、卵液半分の量でオムレツを作る。

5.1のご飯を盛り付け、上にオムレツをのせて包丁で切込をいれる。

6.卵の上にケチャップやトマトソースなどをかける。

食べた感想

トマトソースを作る時間があれば、本格的なソースの味になると思います。
ケチャップも甘めでおいしいので、今回はケチャップにしました。

1から作るオムライスだと時間がかかりますが、ご飯を炊飯ジャーで炊くので
とても簡単に作れました。

今回は一緒に粉末コラーゲンも入れたので、ご飯がベチャッとなりませんでした。
にんじんはすり下ろして炊飯ジャーに入れてもいいと思います。
ゼラチンに関する記事

たまねぎの代わりに玉ねぎ氷を使いましたが、食感がいいので、玉ねぎでもよかったかもしれません。
オムレツを半熟にして、包丁で切ってトロトロ卵のオムライスができました。

自宅にある材料で作れますので、忙しい時でも簡単です。
オムライスと一緒にサラダやスープも一緒に食べるとバランスがとれた食事になります。

トマトライス自体は甘みがありませんので、卵にかけたケチャップの甘さがちょうどいい感じです。
子供さんには薄焼き卵で包んであげると、ケチャップで文字を書いたりハートにしたりと
楽しく食べられますよ。

おわりに

簡単に作れるオムライスはトマトジュースを水の代わりにいれます。

野菜も一緒にとれますし、さらにリコピンは熱につよいので
料理でたくさんとれたらうれしいですね。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

シミのお薬シミトール 初回限定価格 口コミ評価3

2014.3.13

シミのお薬シミトール口コミ・評価 ~初回限定価格~

「2015年6月28日更新→価格の変更を追記(初回限定980円はそのまま)」 シミトールは、創業60年の水橋保寿堂製薬の商品です。はなまる…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る