ひざ痛には 太ももの筋肉をつける体操がいいそうです

ひざ痛体操

ひざ痛には無理をしないで、できるだけ脚を使うことがいいそうです。
ひざが痛くなるのが怖いからと、家の中でじっとしているのはよくないそうですよ。

スポンサードリンク

ひざの痛みの原因

ひざの痛みの主な原因は、

体重が膝を悪くする。

筋肉のバランスが 崩れている。

リンパの流れが停滞している。

体重が関節にかかって、軟骨がすり減ったり、関節包(関節をすっぽり包んでいる)が引っ張られるなど。

ひざ痛がひどい時に無理をするのは絶対に避けるべきですが、それ以外は薬を服用したり
ひざ痛用サポーターを利用したりし、できるだけ脚を使うことがいいそうです。

ひざが痛い時は

ひざ関節がうまく噛み合わない場合 に歩くと関節内の軟骨(半月版)をすり減らしますので、
無理して歩かない。(テーピングを貼ったりサポーターをはいたりして、できるだけ痛みの少ない状態にして歩く)

ひざが腫れている時には、アイシングをする。
アイシングには氷、コールドパック(保冷剤が入った袋。)で5~10分熱を下げてからシップをします。

ひざの運動

ひざ周辺の筋肉に負荷をかけて使わないと筋力は落ち、 粘液(滑液)の分泌も減ってしまいます。

1. 椅子に座り、腰かけた状態から右足をあげて足を伸ばします。

2. この時ひざの位置を変えずに、右足のつま先は天井を向いています。

3. ひざが地面と平行になったら5秒止めます。

4. ゆっくりひざを下ろしたら、反対足も同様に行います。

左右それぞれ10回ずつを1日2回行います。

その他にも、関節の角度を変えずに 筋肉にだけ負荷をかける運動を行います。

・寝たままの状態になり、かかとで地面を押す運動。

・ひざとひざを少し曲げた状態でくっつけて、内側どうしを押し付ける 運動。

・ひざを少し曲げた状態で立った状態にして、太ももを 鍛える運動。

などもひざの運動になります。

ひざの痛みをなおすために

きちんと診察をしてもらう

1.きちんと診察をしてもらう

整形外科医などにかかり、ひざをみてもらいましょう。
最近はMRIも使用する医院が増えてきたことで、MRIでは、レントゲンに映らない膝軟骨の状態も
わかるそうです。

グルコサミン・コンドロイチンを服用

2.グルコサミン・コンドロイチンを服用する

グルコサミン・コンドロイチンは不足がちな軟骨成分を補います。
すべての人に効果があるわけではありませんので、成分をよく確認してください。

運動をする

3.運動をする

簡単なひざの屈伸から始めましょう。
軽い運動から始め、徐々に運動量を増やします。
ひざに負担がかからない運動も継続するようにしましょう。

カロリーとタンパク質の不足に注意

4.カロリーとタンパク質の不足に注意して、いろんな種類のものをバランス良く食べます

最近では長寿の秘訣は、 体の機能向上に適した脂肪、たんぱく質が取りやすい肉だとも
言われています。

肥満をさける

5.肥満をさける

肥満はひざへの大きな負担をかけます。
無理なダイエットはさけ、運動と健康的な食生活を心がけましょう。

ひざ痛の薬も併用

6.ひざ痛の薬も併用する

無理にひざ痛を我慢することはしないで、医師とよく話し合って薬を服用します。

おわりに

ひざが痛くても無理をすることは軟骨をすり減らしてしまうそうです。
だからといって、閉じこもると筋力は落ち、 粘液(滑液)の分泌も減ってしまうそうです。
ひざに負担がかからない体操を取り入れて、太ももを強化させたいですね。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る