ひざに水がたまった時はどうしたらいいのでしょうか?

ひざに水がたまる

ひざに水がたまってしまう時があります。
この時ひざの水を抜いたほうがいいのでしょうか。
ひざに水を抜くと、クセにはならないのでしょうか?

スポンサードリンク

ひざに水がたまってしまうのはどうして?

ひざに水がたまる原因としては、2つあります。

・ひざに炎症がある場合

・半月板や関節軟骨に損傷がある場合

・細菌感染

ひざの水の正体

ひざの水と呼ばれるものは、関節液といいます。

これが一般にひざの水と言われているものですが、
膝が腫れるようにふくれてしまった場合、この関節液が大量に膝の関節に発生します。

ひざの水は抜いたほうがいい?

痛みが強かったり、ひざがつっぱって、曲げられないときは、一度ひざの水を抜いたほうが良いかもしれません。
関節内の関節液の成分から、病名がわかるかもしれないからです。

通常の潤滑油としての成分以外に、関節液内に何らかの成分が発生している可能性があると考えられます。
炎症を抑える為の注射や関節内の水を取り除いてもらいます。

ひざの水を抜くとくせになる?

これはひざの炎症を治癒しないで、何度も水を抜いているケースがあることで
くせになると勘違いされているそうです。

ひざの水を抜くときの注意

ひざの水を抜くときに気をつけてその水の色や粘りなどを見ておきましょう。
抜いたひざの水の濁りが強い(白血球が多い)と、炎症が強いといえます。

炎症を抑制させる事を先決に行いますが、関節内の症状が改善しないかぎり、
関節液はまた、大量に発生しはじめる可能性があります。

[adsense]

注射を受けるときの注意

ステロイド注射を優先して行うところがあるそうです。
年間3回までのステロイド注射であれば、副作用の心配はほとんどないそうです。

ですが、ステロイド剤は効果は絶大ながら、副作用として感染症をおこす事があることから
この副作用が課題とされています。

ヒアルロン酸

最近は、ヒアルロン酸の関節内注射が注目されています。
ヒアルロン酸は、関節にある主成分の関節液なのでヒアルロン酸を直接補充する事によって悪化を防ぐ
ことで注目されていますが、保険が適用となりません。

サプリメントタイプでもヒアルロン酸の効果は期待できますが、体内への吸収率が低いものを選ぶと
効果がうすいそうです。

また内臓にも負担がかかってしまうので、サプリメントを選ぶ時は
成分、分量、吸収率をよく調べてください。

おわりに

今回は母親もひざの水を抜いてから、さらにひざが悪くなったと言っていましたが、
ひざが曲がらない時や痛みが強い時は、水を抜いたほうが良いかもしれません。
炎症を抑制させて、正しい治療を受けたいですね。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る