ひざ痛とO脚の関係、原因と治療・改善法を調べてみました

ひざ痛とO脚

母親はひざが悪いのですが、だんだん脚がO脚に変形しています。
そこで、ひざとO脚の関係を調べてみました。

スポンサードリンク

ひざ痛とO脚

ひざ痛とO脚については、O客はひざが外側に開くことで体重がひざに均等にかからず、
負担がより多くなりますから、ひざ痛の進行を早めて症状が悪化しやすいそうです。

お脚は見た目だけでなく、ひざへの負担もより多くなるそうです。
ひざの痛みを伴う変形性膝関節症を起こす予備軍とも言われていますのでO脚は注意が必要です。

変形性膝関節症

ひざ痛を調べているとよくでてくる言葉です。

(へんけいせいひざかんせつしょう)とは、ひざの関節がすり減ることで
関節炎や変形が起こり痛みが生じる状態のことをいいます。

初期は自覚症状がほとんどありません。

中期になると、半月板の変性による刺激で関節炎が生じ、ひざの曲げ伸ばし
の時に痛みがあったり、曲げ伸ばしが制限されてしまいます。

更に進行すると、骨そのものの変形が生じたりします。
強い痛みが立って歩いたりするたびに起こり、日常生活にも支障が出てきます。

治療

手術やリハビリ、薬物療法などがあります。
手術療法はリハビリ治療などで、効果が見られない場合に行います。

O脚の原因

O脚は生活習慣が原因の場合がほとんどだそうです。
脚を組む姿勢や、横座りをするなど、こういった習慣が筋肉のバランスを壊しO脚にしていきます。

O脚改善方法

O脚改善するには、普段から生活習慣を改善するとともに、横すわりをしない、の親指にしっかり体重を乗せて歩く
ことを意識します。
O脚の人は、太もものが弱い傾向にありますので、太ももの内側を鍛えたりするようにしましょう。

ひざ痛改善

O脚による膝痛は膝内側に重心がかかるためです。痛みを和らげるために、中敷(インソール)や杖を活用します。

・中敷(インソール)を使う。
外側が高い中敷を使うことで、ひざの内側にかかる負担を軽くします。

・杖を使う
ひざが痛い時は無理をしないで杖を使いましょう。

・医師に相談する。
ひざ痛は我慢しないで専門医に診てもらいましょう。
そして、ひざ痛が軽いうちに治療をしましょう。

おわりに

母親の脚がだんだんO脚に曲がっているのが気になっていました。
筋肉のバランスのことや、変形性膝関節症についても知ることが
できてよかったです。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る