肩甲骨エクササイズ はなまるマーケット

肩甲骨5

はなまるマーケットで肩甲骨エクササイズを紹介していました。
3分で美しくなるそうです。

スポンサードリンク

肩甲骨が硬くなる原因

肩甲骨が硬くなる原因は、運動不足、加齢から、
パソコンや携帯などの前傾姿勢によってなるそうです。

肩甲骨が硬いと起こる症状

肩甲骨が硬いと血流が悪くなる。
筋肉がやせ細り、脂肪化するなどの症状が起こります。

肩甲骨を動かすと全身運動になります。

その結果、エネルギーをたくさん消費することができます。

肩甲骨を動かす
   ↓
  熱を生む
   ↓
エネルギーをたくさん消費できる

褐色脂肪細胞の多い体の場所

肩甲骨の周辺にある、褐色脂肪細胞(熱を燃やす細胞)の場所は、

・肩甲骨の周り
・脇の下
・首の周り  

などです。
褐色脂肪細胞は、熱を燃やす細胞ですが、肥満すると白色脂肪細胞に変化してします。

[adsense]

肩甲骨エクササイズ

基本の姿勢は、肩を真上に上げて、上に上げながら後ろに大きく回します。
この時、肩の力を抜きながらストンと落とす。

前肩の状態から肩が後ろに収まった状態が正しい位置です。
耳と肩が一線上にくるのが理想です。

1. かかととかかとをつけ、つま先を少し広めに広げたら、
  おしりをキュット締めて立ちます。

2. 手のひらを前に向けて、肘を伸ばした状態で頭の方に手を上げます。

3. 手を上に上げるときに息を吸うようにします。

(これは肩甲骨エクササイズの準備運動です)

肩甲骨エクササイズ 2

1. かかととかかとをつけ、つま先を少し広めに広げ、おしりを締めて立ちます。

2. 直立の状態で指先までしっかり伸ばし、肘を伸ばしたまま腕を後ろへ引き、
  できるところまでいったら両手の平を寄せます。

3. 床と平行になるように、真横へ腕を伸ばし、その状態から手のひらを上に向けます。

  ポイントは、親指を立てることです。

4. 3.の状態をキープしながら、肘を伸ばしたまま手を頭の上で合わせます。
  (合わせるのができない人は寄るところまで寄せます)

5. 4.の動きが終わったら、最初に行ったのと逆の順番に1の姿勢に戻します。

肩甲骨エクササイズ 3

1. かかととかかとをつけ、つま先を少し広めに広げ、おしりを締めて立ちます。

2. 直立の状態で指先まで伸ばし、肘を伸ばしたままいける所まで腕を後ろへ引き、後ろで10回拍手をします。
  (拍手できない人は、拍手するつもりで動かしてください。)

3. 拍手の動きを10回行ったら、そのまま両手の平を寄せた状態で10秒キープします。

はなまるHP

おわりに

岡江さんは、体がとてもやわらかいんですね。
このエクササイズは、簡単ですが、けっこうきついです。

普段使わないうでや肩甲骨を動かすことで、褐色脂肪細胞
を燃やしてくれたらうれしいですね。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

2014.12.20

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

「2017年5月14日更新」 スーパーやコンビニで市販されているヨーグルトを食べ比べし「美味しい市販ヨーグルト人気お薦めランキング」を作っ…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る