トマトダイエット トマトジュースで簡単ロールキャベツのレシピ

簡単ロールキャベツ

レンジで簡単に作れるトマトジュースを使ったロールキャベツです。
春キャベツもやわらかくておいしいですね。

スポンサードリンク

トマトダイエット

生のトマトを丸ごと2個夕食時に食べるというのがトマトダイエットの基本です。
ルールもあって、リコピンを15mg以上とることや、3ヶ月以上つづけること。

理想は6ヶ月ですが、基本的にはトマトを食べるだけなので簡単だと思います。
しかし、毎日、トマトを食べ続けてくるうちに飽きてきます。

トマトダイエットは、トマトジュースやホールトマト缶詰などでもOKですので、
トマトジュースを飲んだり、トマトを料理に取り入れたりすれば、

飽きないで3ヶ月は取り組めるかな?ということで始めました。
トマトを毎日食べるのは大変ですし、トマトジュースだけ飲むのもどうなのかな?

と、料理にトマトジュースを使ったりしています。
トマトジュースを使うと、180ccでリコピンは20mg位を摂ることができます。

900ml入りのペットボトルで5杯分なので、1日に180ccを飲んだり、料理で使うと
5日分の量がまかなえます。

1本が200円だとすると、1日40円で済みますね。

生のトマトも栄養はありますが、毎日続けることを考えると、3ヶ月以上~6ヶ月なので
30日で1.200円とかなりコスパもいいですね。

トマトはダイエットだけではなく、健康の面でも効果が高いので、毎日トマトは体に取り入れていきたいです。

トマトジュースで簡単ロールキャベツ

なんと、レンジでロールキャベツを作ってしまいます。
春キャベツはやわらかいですから、レンジでも十分美味しく食べられると思います。

春キャベツ出ない場合は、ゆでてしんなりさせておくと食べやすいです。
中に入れるハンバーグはできたものを使いますので、5分でできてしまいます。

[adsense]

材料 3人分

ハンバーグ     2個
キャベツ          6枚
コンソメ    小さじ1
トマトジュース(無塩) 180cc
パセリのみじん切り 好みで 少々

作り方

1. ハンバーグを全部で6等分に切ります。

2. キャベツは軽くゆでておきます。
  1のハンバーグを2切れずつキャベツののせて巻き、ロールキャベツを作ります。

3. 耐熱容器に、2のロールキャベツを並べ入れて、コンソメとトマトジュースを加えます。

4. 容器にラップをかけて、電子レンジ(600W)で5分加熱をします。
  器に盛り、好みでパセリを飾れば完成です。

おわりに

春キャベツはそのままレンジでもよさそうです。
やわらかい方が、好みの場合はキャベツをゆでて使います。

ハンバーグができているものを使えば、忙しい時は便利ですね。
1晩冷蔵庫に入れて翌日食べたらもっと味に深みが出るかやって
みたいと思いました。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト6

2015.4.21

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト

2014年12月~ヨーグルトの食べ比べを開始し120種類以上のヨーグルトを食べました。つい最近では「プレーンヨーグルト無糖タイプ」を食べるよ…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る