その腰痛ひざ痛が危険! 謎の転倒骨折 ためしてガッテン

その腰痛ひざ痛が危険

謎の転倒骨折急増中というためしてガッテンの記事を見つけました。
腰痛やひざ痛と関係があるのでしょうか?

スポンサードリンク

骨折が増えています

今、謎の骨折が急増しています。
転倒・骨折の予備軍は全国で約4700万人。

骨折は、寝たきりに直結しかねないので、注意が必要です。

大たい骨骨折は年間およそ15万人とも言われています。
転倒したとき、なぜか、人間の骨の中で一番太い大たい骨だけが折れてしまうのです。

20年前とくらべてみると、3倍近くにも増えているそうです。

骨折した方に話を聞くと「一瞬のことで覚えていない」
「どうして骨折したかわからない」という答えが返ってくるそうです。

今、日本整形外科学会が中心になってこの謎の骨折や
中高年の転倒・骨折を解き明かして予防法を探る試みが始まっています。

[adsense]

大たい骨骨折

どのように転倒したら大たい骨骨折になるのでしょうか?
大たい骨骨折は、横方向や斜め後ろ方向に転倒した時に、最も危険が高いそうです。

骨盤との連結部の曲がって少し細くなっているところに、大きな力が加わると
骨折がしやすくなります。

この連結部は、歩く時に動かしやすいように曲がった形をしています。

転ぶときに受け身がなく、とっさの身のこなしがされていないと骨折の
要因になってしまうそうです。

年をとると反応速度が落ちることを自覚することも大切です。

骨を骨折しないために

骨を骨折しないためにはどうしたらよいのでしょうか?
転ばないことがとても大切ですが、自分ではちゃんと足をあげたつもりでも

足が、なぜかひっかかり転んでしまった経験もあるかもしれません。
それは一体どうしてなのでしょう?

ある感覚が関係しているそうです。
その感覚とは、手足のメです。(メカノレセプター)

メカノレセプターのおかげで、自分の位置や動きの情報がわかるそうです。
それが、メカノレセプター機能が低下してしまうと、ズレが生じるそうです。

その原因は「変形性ひざ関節症」です。
関節症は、痛みが出ない場合があり、本人も気づいていない「隠れ関節症」もあるのです。

ひざ痛の場合は、メカノレセプターが低下することが転倒につながりますが、
姿勢が変化して重心が不安定になり、転びやすくなるのが、
腰痛や骨粗しょう症などです。

ロコモティブシンドローム

国や整形外科学会は、転倒や骨折につながる症状を
「ロコモティブシンドローム」(運動器症候群)と呼んでいます。

将来寝たきりの生活にならないように、という取り組みです。
ロコモについて詳細はこちらをごらんください。

食事に気をつけたり、足腰を強くする体操など、日頃から鍛えて
骨折につながる予防をしていきたいですね。

体操などについてはこちらをごらんください。
ためしてガッテンHP

おわりに

現在ひざが痛く、現在は毎日接骨院に通っている母を病院まで送っています。
今は硬くなったひざ周辺の筋肉をやわらかくしているそうですが、

普段使わないせいか、さらに足が痛いようです。
歩くことが大変そうなので、転倒や骨折には十分気をつけたいと思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

シミのお薬シミトール 初回限定価格 口コミ評価3

2014.3.13

シミのお薬シミトール口コミ・評価 ~初回限定価格~

「2015年6月28日更新→価格の変更を追記(初回限定980円はそのまま)」 シミトールは、創業60年の水橋保寿堂製薬の商品です。はなまる…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る