日本の空気清浄機はすごい!中国PM2.5を99,97%除去するHEPAフィルター 5/7(TBSひるおび)

PM2.5対策空気清浄機2

本日、テレビを見ていたら(TBSひるおび)
PM2.5を99,97%除去するHEPAフィルター付きの
空気清浄機について放送していました。 

スポンサードリンク

PM2.5を99,97%除去するHEPAフィルター付き空気清浄機

TBSのひるおびという番組では、空気清浄機がとても売れていると
家電量販店の店員さんの話がありました。

中国からもゴールデンウィーク中に買いに来ていて、中国に持って帰った
方もいらっしゃったという話でした。

売れ筋は、PM2.5を99,97%除去するHEPAフィルター付きの
空気清浄機で、中には6万円する効果なものまで売れているそうです。

PM2.5は5~6月に飛来のピークを迎えるようなので、空気清浄機に
注目している人が多いようですね。

このHEPAフィルターは0,3μmの粒子を99,97%抑えるそうです。
PM2.5は非常に小さいため、呼吸系への影響や循環器の影響が心配されています。

子どもや高齢者、ぜんそくやアレルギーなどの症状がある人は
外出を控えたり、空気清浄器を使ったりするのが効果的だと言われています。

PM2.5は、中国から大気汚染のPM2.5が風に飛ばされて日本にも流れている物質です。
このPM2.5は目に見えないくらいの物質ですが、小さいだけに肺の奥まで入りやすいので
心配だと思っている方も多いですよね。

PM2.5を99,97%除去する空気清浄機

ここで気になるのが、空気清浄機ですよね。
PM2.5を99,97%除去するHEPAフィルター付きの空気清浄機
が売れていると言われていますが、

どのような空気清浄機があるかを楽天で、調べてみました。
楽天市場で、HEPAフィルターと検索すると、PM2.5対応の空気清浄機が

すぐに見つかりました。

空気清浄機Air Forest

メーカーはゼンケンとあまり聞かないメーカーですね。

価格は3万円代ですが、リモコン付きで電気代も1ヶ月約200円と経済的です。
フィルターの交換時期は5年とかなり長持ちしますね。

フィルターを見ていると、パナソニックやシャープなどもありますので、
空気清浄機もあるはずですね。

口コミを見てみると、5層フィルターで安心して使えるという口コミや、
32畳まで対応してくれるので、社内で使われていたり、部屋の中の空気がきれいに
なるのがわかるなどと、高評価でした。

シャープの加湿空気清浄機

シャープの加湿が付いた、空気清浄機です。
こちらの価格は6万円代です。

シャープの空気清浄機は2万円台のタイプもありましたが、
6万円代のタイプは汚染のラインが赤くなるなど、お知らせ機能がついたり

フィルターにほこりがたまると知らせてくれる、お手入れセンサーがあったり
優れものですね。

もちろん、HEPAフィルターで「PM2.5」への対応0.3μm粒子を99.97%以上キャッチ
してくれます。

加湿がついた空気清浄機もいいですね。
10年間面倒なお手入れが不要な「トリプル機能脱臭フィルター」というところにも
魅力を感じます。

2万円台の空気清浄機にはお知らせセンサーはありませんが、こちらも加湿が付いて
気になる電気代がチェックできる「電気代モニター」というものもあるので、
よさそうです。

空気清浄機を選ぶポイント

一番前面に設置されているフィルターが、プレフィルターというものだそうです。
ホコリを除去してくれるフィルターですが、水洗いできるタイプがほどんどなので、交換は不要。

除菌機能などが付加されたフィルターで集じんフィルターと呼ばれ、HEPAフィルターもこちらに入ります。
ホコリ・チリ・カビ・ウィルス・雑菌・ディーゼル粉塵・タバコの煙やアレルゲン(ダニの死がい・花粉)
などがあげられています。

HEPAフィルターは、0.3μm粒子を99.97%以上キャッチしてくれます。
機種により除去できるものが若干異なりますので注意が必要です。

脱臭フィルターは、交換が必要なタイプと水洗いなどで復帰できるタイプがあるそうです。
イオンで脱臭力を強化しているものもあります。

加湿フィルターは、、加湿機能を搭載している機種には、必ず含まれます。メンテナンスが必要になります。

適用床面積は、空気をきれいにするスピードの目安になります。
数値が大きければ大きいほど、室内が早く快適になり、8畳の部屋が何分でキレイになるかということも
カタログには書かれてあるそうです。

コストについても大変重要なところですよね。
1番コストがかかるのはフィルター代だそうです。

空気清浄機だけなら1日3~5円程度ですが、加湿機能が付いている場合は1日、5~100円と
幅が広いそうです。

フィルターの種類・価格・寿命や手入れのメンテナンスなどもしっかりと調べておきたい所です。
さらに運転音や持ち運びできる重量かということもチェックしておきたいですね。

おわりに

日本の空気清浄機の性能はすごいと思いました。
99,97%除去するHEPAフィルターは中国でも役だっていると思います。

空気清浄機を選ぶポイントも大切だということがわかったので、
家電量販店で中国PM2.5を99,97%除去するHEPAフィルター付きの

空気清浄機を1度見に行きたいと思いました。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015年~ヨーグルト新商品一覧表|明治・森永・ダノン・小岩井・北海道乳業12

2015.3.7

ヨーグルト新発売・新商品一覧表|明治・森永・雪印・ダノン・カルピス・ヤクルト他

「2017年6月22日更新」 もっとヨーグルトを楽しみたい!もっと多くの人にヨーグルトを食べてもらいたい!と思い、大手メーカー...明治・…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る