ひざ痛に非変性II型コラーゲン サプリメント

非変性II型コラーゲン

母がひざ痛で毎日通っている接骨院も、1ヶ月が過ぎました。
それでも毎日「痛い」と言っている時に新聞で見つけた文字が
非変性II型コラーゲンです。

スポンサードリンク

ひざ痛

ひざ痛で毎日母親を接骨院まで車で送っています。
気がつけば1ヶ月過ぎましたが、よくなるどころか、

痛さが増しているようにも感じます。
「もう少し通って良くならなければ、違う所にする」
といいながら通っています。

以前は腰はなんでもなかったのに、腰やおしりにしびれが
出てきたといいます。

痛いのを見ているのはこちらもつらいので、何かいいのがないか
探していたら、新聞に非変性II型コラーゲンがひざ痛にいいと

いうことが書いてありました。
さっそくフリーダイヤルで、電話をしてみました。

担当者の話では、非変性II型コラーゲンは人のひざにある成分と同じ成分で
すり減った軟骨をなめらかにする働きがあるとのこと。

母の症状を聞いて、3ヶ月位は続けてほしいと言っていました。
1箱5.900円すすというので、相談してみますと言って電話をきりました。

[adsense]

非変性II型コラーゲンとは

電話でもでてきた非変性II型コラーゲンとはどんな効果があるんでしょうか?
担当者の方の話では一般のひざにいいというサプリメントのグルコサミンやコンドロイチンは、

成分が少なく入っているのであまり効果がないんだとか。

調べてみると、IIコラーゲンは人間や動物に存在するタンパク質で、皮膚や筋肉、
骨など体の構成要素の一部なんだそうです。

UC IIはグルコサミン、コンドロイチンと比較し2.5倍の速さで効果がでるとか。
ビタミンCは、コラーゲンの合成に深く関与しているので、ビタミンCがいいとか。

非変性II型コラーゲンを選ぶ目安は

アマゾンや楽天などで、非変性II型コラーゲンと検索すると
たくさんありました。

お値段も1万円以上するものもあって、正直どれがよいのか迷います。
色々成分などを見てみるとUC-IIサプリメントというのがよさそうです。

UC-IIには、即効性があり、
1週間で60%の方が即効性を感じているデータがありました。

UC-IIは、アメリカのインターヘルス社が開発したものです。

摂取目安量は、40mgを1日に摂取するのがいいそうです。
ニワトリの軟骨から抽出されたナチュラルなコラーゲンということで

お試しを頼んでみたいと思います。
会社によって成分も異なりますし、自分のひざ痛に合うかというのは
飲んでみないとわかりません。

たくさん注文してから効果がないというのは残念なので、
まずは1週間とか1ヶ月とかを試してみるのがいいと思います。

海外のものはちょっと心配なところもありますが、口コミで効いた
というものもありました。

値段が高いから効果があるかというと、サプリメントなので
人によって効果が違いますし、効いたという人も効かなかったという人も
います。

この辺は選ぶ時に迷ってしまいそうですが、今までひざ痛でグルコサミンや
コンドロイチンを飲んでも効果がなかったという人は試してみると
いいかもしれません。

おわりに

毎日接骨院似通って外から治療をしていますが、やはり内側からも
すり減った軟骨によさそうなサプリメントを飲んだ方がいいのかなと

思って今回は非変性II型コラーゲンについて調べてみました。
少しでも痛みが和らいでくれたらうれしいのですが、
頼んだサプリメントで効果を試して見ようと思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る