更年期女性のいびき・寝言に潜む病に注意 はなまるマーケット

いびき寝言はなまるマーケット

はなまるマーケットでは、睡眠に潜む危険!
いびき、寝言についてまとめました。

スポンサードリンク

女性のいびきが増加

40代以降の女性にいびきが増えたそうです。

最近ではいびきで悩む人が病院に外来する人が増えたそうです。
いびきは、気道の振動音です。

日本人女性がいびきをかきやすいのは、あごが小さく、
骨格が小さいためなんだそうです。

女性の場合、40代以降、特に更年期を過ぎるといびきをかきやすくなるのは、
40代以降は女性ホルモンが減少するためと言われています。

いびきが引き起こす悪影響

いびきが引き起こす悪影響としては、

酸素量の低下

眠りが浅く、疲労が回復しない

集中力の低下

重い場合は「睡眠時無呼吸症候群」の可能性あり

高血圧・狭心症・脳卒中のリスクがある

いびきチェック

一つ以上でいびきをかいている可能性があります。

・夜中に苦しくて、目が覚める
  
・目が覚めた時に、のどが渇いている 

・朝起きた時に疲労を感じる 

・十分に睡眠をとっても日中眠いことがある  

・夜中にトイレに行く回数が増えた 

いびき対策

いびき対策としては、

・アルコールを控える
・鼻の病気がある場合は、鼻の治療を行う
・横向けに寝る
・肥満の場合方は痩せる

睡眠時無呼吸症候群

(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に10秒以上の呼吸が停止し、
無呼吸が1時間に5回以上繰り返されることです。

睡眠時無呼吸症候群は今、凄く多い病気で全人口の20%もおります。
軽症の人も含めると5人に1人います。

呼吸が止まった後、体が動いて呼吸が再開する。
長い間、呼吸が止まっても、本人に自覚がないこと。

睡眠時無呼吸症候群の対策

・耳鼻系の疾患がある場合、その治療を行う。
・マウスピースを使用する。
・C-PAPを使用する。

50代以上の男性は特に「寝言」注意

寝言や歯ぎしりは、レム睡眠行動障害の軽い形態だそうです。
ノンレム睡眠は(深い眠り)、レム睡眠は(浅い眠り)です。

ノンレム睡眠(深い眠り)の時は、脳は最低限の機能を残しては休息しています。
脳からの指令がないため、体が動かない状態です。

レム睡眠(浅い眠り)の時は、眼球運動があります。
脳が活発に働いている状態だが、脳と体をつなぐ回路を切断している状態です。
体が脱力しています。

レム睡眠行動障害は、睡眠が浅く、脳は活動している。
脳と体のスイッチがつながっている。
体が動く。

おわりに

女性のいびきが多いというのを知って驚きました。
ホルモンが減少しても

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

2014.12.20

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

「2017年1月14日更新」 スーパーやコンビニで市販されているヨーグルトを食べ比べし「美味しい市販ヨーグルト人気お薦めランキング」を作っ…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る