夏も快眠に役立つ商品 快眠グッズ

快眠グッズ

今年の夏は前年と比べて電気料金が値上がりしています。
冷房を控える家庭が増えるかもしれません。
そこで、蒸し暑い夜を少しでも快適に過ごせる快適グッズを
紹介します。

スポンサードリンク

夏を快眠に過ごすために

今年の夏は前年と比べて電気料金が値上がりしています。
冷房を控える家庭が増えるかもしれないよいうことで、

快適に過ごすための工夫が考えられています。
実際には、クール敷パッドや冷却ジェル、ファン送風寝具やパイプ素材枕、
清涼タイプの入浴剤などが紹介されています。

寝苦しく寝不足は健康にもよくありません。

寝不足が引き起こす症状は、頭痛、目のくらみ、立ちくらみ、吐き気、
頭が回らない、集中出来ないなどがありますが、ひどくなると、
ホルモンバランスを崩したり、高血圧や、肥満などの影響がでます。

少しでも快適に寝るためにはどうすればよいのでしょうか?
今年の夏をより快適に過ごすための涼感寝具や快眠グッズなどを
紹介したいと思います。

[adsense]

シャワーだけよりもぬるま湯で20分

夏場はシャワーだけで済ませてしまう人が多いですが、
睡眠改善法に詳しい先生によると、寝る2時間前位に38~40度の
ぬるめのお湯に20分ほどつかるのが効果的だそうです。

入浴で上がった体温が急速に下がる時に眠気を誘い、寝付きがよくなる
んだとか。

逆に熱いお湯だと寝付きが悪くなるので、避けたほうがよいそうです。
オススメの入浴剤は、今年の4月に花王から発売された「バブ 夏肌さらり湯」は
肌のベタつきを抑えるミョウバンや、ほてりを抑えるメントールが入っており、
入浴後もさっぱりした爽快感が得られる入浴剤だそうです。

トップバリューCOOL 接触冷感ひんやり敷パッド

イオンのトップバリュ クーリッシュファクト
COOL 接触冷感ひんやり敷パッドは、熱伝導性の高いナイロンを
使用しているそうです。

触れるとひんやり冷たい接触冷感生地を使用しているので、汗を吸って素早く乾き、
吸汗速乾、消臭+制菌加工で気になるニオイを軽減する加工もしているそうです。
従来品よりも霊感性を25%もアップさせています。

頭も冷やす

ふとんは季節で買えますが、枕は1年中同じという人もいます。
枕を取り扱う寝具メーカーのロフテーの担当の方は、「夏は通気性の高い枕で頭を
冷やすことが大切」だとアドバイスをしています。
熱がこもるウレタン素材は夏の枕には向かないそうです。

クールサーキュレーションピロー

クールサーキュレーションピローは、2重メッシュのカバーと中のパイプ素材で通気性
を高めた夏用枕です。
冷感ジェル内蔵でひんやり快適です。

理想的なまくらの条件は、
 
1.まくらが首筋のカーブを支える構造で、寝返りできるよう 両サイドに適度な
  厚みがある。

2.あお向けのときに、首筋や肩にできるすき間を補い、まくらの高さが自分にあうこと。
      

3.かたさ等が自分の好みである。

おわりに

今年の夏も猛暑と予想されています。
梅雨の時期や夏の快眠に少しでも快適に眠りにつけるように
涼しいグッズなどを使って過ごしたいですね。
じゅんTA
     

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015年~ヨーグルト新商品一覧表|明治・森永・ダノン・小岩井・北海道乳業12

2015.3.7

ヨーグルト新発売・新商品一覧表|明治・森永・雪印・ダノン・カルピス・ヤクルト他

「2017年5月15日更新」 もっとヨーグルトを楽しみたい!もっと多くの人にヨーグルトを食べてもらいたい!と思い、大手メーカー...明治・…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る