危険!肌のシミ 原因は皮膚に潜むカビ はなまるマーケット

カビ

6/12のはなまるマーケットでは、
今が危険 あなたのカラダを襲う!カビの恐怖として
放送されました。

スポンサードリンク

6月が一番多いカビ

浮遊しているカビは、6月が一番多いそうです。
皮膚・肺に住みつくカビもいるので、今が最も危険なんだそうです。

カビが原因の皮膚病があるそうです。
カビが好むのは、高温多湿の所です。
皮膚の表面がカビにとって最も良いすみかになるそうです。

皮膚の温度・湿度が高くなっている梅雨の頃、
5月6月から急に増えるそうですよ。
皮膚にカビ?って思いますが、どんな皮膚病なのでしょうか?

カビが原因の皮膚病

・でんぷう

マラセチア菌というカビの一種が原因です。
体験者の書き込みを読むと、 最初は赤く、周りがまあるく白くなって行くそうです。
シミのような茶色いものが広範囲に広がったり、色が抜けたように白くなる事もある
ようです。
涼しくなっても治らないあせもの場合もでんぷうが原因の場合があります。

・マラセチア毛包炎

マラセチア菌が毛穴に入り、炎症を起こす病気です。
9~10歳からの若年層でも中高年でも起こりますが、かゆみは軽いようです。

胸部、背部、肩、上腕にできます。
あせもや、ニキビと勘違いすることが多いので、放っておくと全身に広がる
恐れもあります。

マラセチア菌は多くの人がもっている菌ですが、皮膚が高温多湿の状態が
続くと、皮膚の脂分を食べて増殖します。

高温、多湿、多汗、不潔などの環境などで皮膚病にかかりやすくなりますので、
予防としては、日常生活で肌の清潔にし、化粧や、日焼け止めも
よく洗い流すことや乾燥することが大切です。

肺に潜む カビの病気

カビによる病気はアレルギー性気管支 肺アスペルギルス症です。
どこにでもいると考えられます。

アレルギー性気管支 肺アスペルギルス症は誰にでもなる恐れがある病気です。
気管支炎などのアレルギー症状が引き起こされる病気です。

カビの発生源は、
リビングのエアコン。

キッチンの
蛇口、ストレーナー、エコバッグ。

寝室の
枕、除湿機。

などに潜んでいます。

カビの撃退法

リビングのエアコン

掃除を剃る前に窓を開け、新聞紙を敷き、電源を抜きます。

トイレットペーパーの芯に斜めの切れ込みを入れます。
反対側は縦に均等に切れ込みを入れ、簡易ノズルを作ります。

掃除機に簡易ノズルをつけ、フィルターについている大きな埃を吸い取ります。
細かい埃はシャワーで水洗いをします。
フィルターをよく乾燥させてから、エアコンに装着し、除湿か送風で30分程試運転をします。

キッチン
蛇口
台所用の中性洗剤を水に薄めて、蛇口をつけ置きし、5分たったら歯ブラシなどで洗い流す。

排水口(ストレーナー)
泡タイプのハイターを吹きかけ、水を入れたポリ袋に入れて、降ります。
15分たったら水で洗い流します。

野菜室
野菜についた泥を洗い流します。
水気をとり、袋に入れて保存します。

エコバック
週に一度は洗濯して天日干しします。

寝室


カバーは洗濯し、本体は天日干しにします。

除湿機
取り扱い説明書を読み、フィルター掃除をします。

おわりに

皮膚や肺にも入り込んでしまうカビのことを知って怖くなりました。
この梅雨の時期が一番カビが多くなるそうなので、
清潔にして気をつけたいと思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る