お茶でがん死亡率激減 ためしてガッテン

お茶ためしてガッテン

お茶にはがん予防の効果があることがわかりました。
ためしてガッテンではその裏ワザを放送しました。

スポンサードリンク

緑茶効果

緑茶はがんにも効果があることがわかりました。
こちらの記事にもまとめましたが
がんによる死亡率が日本一低いのは静岡県掛川市です。

年をとっても元気の秘訣は緑茶にありました。
常識を超える緑茶の超健康パワーはお茶の飲み方にありました。
お茶の健康パワーを学びます。

がんの死亡率が低い町には共通の特徴がありました。
上位15位に含まれる、
静岡県の藤枝市や磐田市、浜松市、埼玉県所沢市、
三重県の津市や鈴鹿市、鹿児島県の鹿屋市

は緑茶の生産地でした。
日常使いのお茶は、
健康成分、カテキンをたっぷりと含んだお茶で
それが健康につながるのではないかと考えられています。

お茶を飲んで長寿

掛川市は、静岡の平均と比べると、心疾患で亡くなる方が15%、
脳血管疾患で亡くなる方が30%も低いそうです。

掛川の健康長寿を支えているのはお茶でした。
実際にお茶を飲むとどんなことが体に起こるのでしょうか?

ここで30歳以上のメタボやメタボ予備軍と言われる人たちに
お茶の濃厚エキスの入ったカプセルと、
でんぷんなどが入ったニセモノのカプセルに別れて3ヶ月飲んでもらいました。

本物のお茶のカプセルを飲んだグループは、悪玉コレステロール値が平均9.02減少。
ウェストも平均1.86センチ低下という結果が出ました。

ニセモノのカプセルを飲んだグループには変化がみられませんでした。
この実験からもお茶が
メタボや動脈硬化の改善、予防に大きな効果がある
ことがわかりました。

ちなみに実験で使われたカプセル1日分には、
お茶600ml相当の
緑茶エキスの粉末が入っていたそうです。

腸内環境も改善

普段、緑茶を飲む習慣のない人に
10日間お茶を飲み続けるという実験をしました。

その結果10人全員で善玉菌の割合が向上しました。
平均16.6%から平均で26.1%にアップしました。

その後お茶を飲むのを1週間やめるともとに戻ってしまったそうです。
そのことからもお茶の効果は、毎日飲み続けないと意味がないと
いうことがわかりました。

掛川茶には普通のお茶には含まれていない成分がありました。
それは、βカロテン、ビタミンE、クロロフィルです。

βカロテンには抗酸化作用、
ビタミンEには血行促進作用や免疫機能改善効果、
クロロフィルには腸内環境を整える働きがある
そうです。

深蒸し茶であれば、
同じような健康効果が得られると考えられるので
深蒸し茶は、掛川以外にも鹿児島、京都、熊本などがあります。

すり鉢茶

ですが、自宅でも深蒸し茶と同じ効果が得られる方法があるそうです。
それは、すり鉢茶です。

すり鉢にお茶の葉を2グラム弱入れて、熱湯を小さじ1杯ほど入れ、
すりこ木で1分ほどすります。
そこに熱湯を200ミリリットルほど加えて1分ほど置き、
茶こしでこせば完成です。

ガッテンのお勧めは大き目のコップで
1日3杯(600ml)です。

おわりに

毎日お茶を飲むなら二番茶は価格もお手頃ですね。
毎日続けなければ効果も戻ってしまうそうなので、
飲み続けることが大切です。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

2014.12.20

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

「2017年5月14日更新」 スーパーやコンビニで市販されているヨーグルトを食べ比べし「美味しい市販ヨーグルト人気お薦めランキング」を作っ…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る