ためしてガッテン ほうじ茶の幸せパワーの正体と家庭でのほうじ茶の作り方

ほうじ茶

ほうじ茶は健康にはおすすめの飲み物です。
ほうじ茶の幸せパワーの正体に迫ります。

スポンサードリンク

ほうじ茶といえば石川県

石川県でお茶といえばほうじ茶だそうです。
お茶の売上の5割がほうじ茶というほど、ほうじ茶を愛して
やまないそうです。

ほうじ茶は、かなり地域性があるお茶ですが、
一番の魅力はなんといっても香りです。

緑茶には、リラックス効果のあるテアニンが
豊富ですが、ほうじ茶には緑茶の1/100しかないんです。

ところが脳のリラックスを調べてみると、
リラックス効果は緑茶を飲んだ時と同じでした。

さらにすごいのは、ほうじ茶の茶葉をほうじた香りをかぐと
飲んでいなくても飲んだ時と同じリラックス効果が
でたんです。

驚きの香りパワーはなんでしょうか?
お茶には、300種類以上の香り成分がもともとあるそうです。

ところがそのほとんどは糖に閉じ込められて封印されています。
茶葉がじわじわと加熱されることで、香り成分が糖から離れて
豊かな香りが生まれます。

ほうじ茶効果

ほうじ茶の効果は緑茶とほぼ同じですが、
カフェインが緑茶よりも少ないです。

美容に良いビタミンCや歯の健康を保つフッ素、ミネラル、リラックス効果のあるテアニン、
血糖値を下げる、高血圧の抑制、血中コレステロールの調節、血糖値の調節
生活習慣病予防や脂肪蓄積を予防、体臭の予防などもあるそうです。

家庭でほうじ茶作り

ほうじたての香りを自宅でも満喫できます。
まず、自宅にあるお手頃な緑茶や使い切れない緑茶を用意します。

1. 鉄のフライパンを強火で30秒ほど温めて、水にぬらしたフキンの上に2秒乗せる。
  鉄のフライパンがない場合は、ステンレスでも代用できますが、煎るのは
  「煙が出てくるまで」、余熱は「煙が消えるまで」を目安に行います。

2. 火を止めたコンロの上に緑茶15g(大さじ約3杯)を広げるようにフライパンに
  入れてフタをし、2分そのまま置きます。

3. フタを開け、火をつけて1分ほど煎り、白い煙が出てきたら火を止め、
  余熱で1分加熱します。
  煎る時間で浅煎り、深入りができますので好みで調整してください。

飲み方
ほうじ茶として飲む時に、香りを出すために沸きたての熱湯でいれるのがいいそうです。

ほうじ茶プリン

材料(4人分)

ほうじ茶の茶葉  25g (大さじ約12杯)
熱湯       120ml
牛乳       200ml
生クリーム    100ml
砂糖       70g
ゼラチンリーフ  5枚

作り方

1. ほうじ茶の茶葉をボウルに入れ、熱湯を全体にかける。

2. 茶葉ごと全部、牛乳と一緒に鍋に入れ、加熱し沸騰する直前に火を止める。

3. 砂糖、水でゼラチンリーフ戻したものを入れて混ぜる。

4. ゼラチンがとけたら、ざるでこす。

5. ボウルを氷水の上で冷やしながら、とろみがつくまで混ぜる。

6. じゅうぶん冷えたら、5~6分だてのやららかめの生クリームを混ぜ合わせる。
  器に入れて、1時間ほど冷やす。
  お好みで、生クリームなどを飾り付けて完成。

おわりに

ほうじ茶は飲んでよし、香りをかいでもリラックス効果がある
ことがわかりました。
自宅でも簡単にほうじ茶が作れますので、試してみようと思います。
じゅんTA

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る