ジメジメ猛暑もきのこパワーで吹き飛ばせ! えのき氷の作り方 ゆうどきネットワーク

ゆうどきネットワークえのき氷

きのこは夏バテにいいそうです。
お手軽に栄養を摂取できるえのき氷の作り方も
ご紹介します。

スポンサードリンク

きのこパワー

これから暑い夏がやってきますが、猛暑に打ち勝つための
オススメの食べ物は『きのこ』だそうです。

きのこには夏バテ防止の健康効果がたくさんあるんです。

きのこの健康効果は、免疫力を上げます。
βグルカンという物質が含まれていて免疫力
を高めます。
その結果病気にかかりにくくなります。

その他にも腸内環境を整える効果があります。
きのこには、大量の食物繊維が含まれていて、
その食物繊維は、水に溶けにくいので腸にたどり着きます。

きのこの食物繊維が腸から老廃物などと一緒に
体の外に排出されます。
その結果腸内環境がよくなり健康になります。

その他にもはなまるマーケットではえのき茶は内臓脂肪によいということを
記事にもまとめました。

[adsense]

エノキ氷の作り方

エノキ氷の作り方を1日3コ使用すればエノキタケ100グラムに相当するそうです。
お味噌汁や煮物に入れるだけで、きのこの栄養を摂取できてうまみもアップします。
えのき氷はネット通販でも購入することができます。

☆材料
エノキタケ  300g 
水      400ml

☆作り方
1. エノキタケの石づきを落とし4等分にします。

2. ハンドミキサーなどでペースト状にします。

3. 水を加えて焦げないように、弱火で1時間煮込みます。

4. あら熱を取ったら製氷機に入れ凍らせて完成です。

保存するときは密封袋などにいれてください。
1か月位冷凍で保存することができます。

血液サラサラパスタ

材料(2人分)

白ぶなしめじ  1/2パック
ぶなしめじ   1/2パック
たまねぎ    1/4コ
しょうゆ    大さじ1
ひき割り納豆  1パック
昆布茶     2g
にら      30g
スパゲッティ  140g
温泉卵     2コ
刻みのり    少々

植物油     大さじ1

作り方

1. 白ぶなしめじ、ぶなしめじ、たまねぎをみじん切りにします。

2. フライパンに大さじ1の油を入れて、1.の材料を弱火で炒めます。

3. キノコの水分が出てきたらしょうゆ、納豆、昆布茶を入れてよく混ぜます。

4. 刻んだにらを入れ、火を止めて余熱でにらを軽く炒めます。

5. 4.を茹でたスパゲッティの上に盛り、温泉卵、刻みのりをちらして完成です。

おわりに

えのき氷は1時間弱火で煮詰めるのが大変ですが、通販でも手に入ります。
きのこは健康にとてもよい食材なので、普段から食べたいですね。
食欲がない時でもお味噌汁などに入れて簡単に食べられるのが
いいですね。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る