夏バテ予防にスイカ  スイカ糖の作り方 ゆうどきネットワーク7/2放送

スイカ糖 ゆうどきネットワーク

スイカのリコピンはトマトよりも多いそうです。
スイカを食べて夏バテ予防するコツをご紹介します。

スポンサードリンク

夏バテ予防にスイカ

スイカは夏バテ予防によいと昔から言われています。
利尿作用があるのでむくみや解毒作用があるそうです。

スイカの栄養はリコピン、カリウム、シトルリン、ビタミンやミネラルと
豊富です。

リコピンはトマトの1.5倍も多いんです。
リコピンは今注目されているように、美容や健康、活性酸素を抑制
する効果があります。

ビタミンB群でもあるイノシトールには、動脈硬化を防ぎます。
またカリウムは、体の不要な塩分を尿に出す働きがあります。

シトルリンは体内の老廃物や、有害物質などを外に出す働きがあります。
そこでスイカの栄養を丸ごと摂れるスイカ糖の作り方をご紹介します。

スイカ糖の作り方

スイカの栄養を丸ごと摂ることができるスイカ糖です。
ガンや老化の原因友いわれている活性酸素を抑える作用があります。

シトルリンは体内に吸収されると、尿と一緒に老廃物を排出し利尿作用
を高めることから体に良いと言われています。

スイカ糖の作り方

1. スイカの果肉から果汁をしぼる
 (ミキサーなどを使ってもOK!種は取り除きます)

2. しぼった果汁を煮る(はじめは強火で。沸騰したら弱火にして、
  木べらなどで焦げ付かないようかき混ぜ続けます)

3. 水分が蒸発してとろみがついたら完成です。
 (冷めるとかたくなるので、少しまだゆるいかな?くらいで大丈夫です。)

スイカ糖を使ったきゅうりの酢味噌和え

番組で紹介されたきゅうりの酢味噌和えです。

材料 

きゅうり
スイカ糖
みそ

作り方

1. きゅうりは小口切りにして塩を振ってしばらく置き、水気をしぼります。

2. みそとスイカ糖、酢を混ぜ合わせて酢みそを作ります。

3. 水気を絞ったきゅうりに酢みそをあえて完成です。

スイカの皮と塩こんぶの浅漬け

材料
スイカの皮
塩こんぶ

作り方

1. スイカの皮は外側の固い部分をピーラーなどでむき、一口大の短冊切りにします。

2. 密閉できるポリ袋に切った皮と塩こんぶを入れ、袋の中の空気を抜いて口を閉じ、
   軽くもんでなじませます。

3. 冷蔵庫で2時間ほどいて完成です。

おわりに

スイカの皮は今まで捨ててしまっていましたが、皮にも果肉と同等の栄養がある
ことがわかりました。
浅漬にして食べたり、スイカ糖も手作りが大変な人は、
市販でも売っていますので、上手に利用して夏バテをしないようにしたいですね。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る