話題のトマト氷を作ってみました 生のトマトで作る「トマト氷」作り方 (画像つき)

トマト氷

村上祥子(むらかみさちこ)さんのトマト氷を
生のトマトで作ってみました。

スポンサードリンク

トマト氷

村上祥子(むらかみさちこ)さんの玉ねぎ氷を常備していますが、
トマト氷も話題ということで、トマト氷を生のトマトで作ってみました。

こちらには、ホールトマトを使ったトマト氷の作り方も載せています。
玉ねぎ氷の著者が書いた 「たまねぎ氷とトマト氷 」トマト氷の作り方と効果

生の作り方をみながら少しアレンジして作りました。
ポリ袋に入れず、ボールに軽くラップをかけてレンジで15分加熱しました。
トマトの数も5個です。

そして、水を入れるところは、レンジから出すとかなり熱いので、
氷を少し入れて水代わりにしました。

トマトの皮をはしで外し、最後にミキサーでなめらかに
して製氷皿に入れて凍らせます。

トマト氷は一日五個が理想だそうですが、玉ねぎ氷と同様2個ぐらいでも
大丈夫のようです。

カレーに入れるとコクが出ておいしいという感想があったので
試してみたいです。

ホールトマトで作るともっと簡単に作れます。
色も鮮やかな赤ですが、生のトマトで作るとやや薄い色になります。

[adsense]

基本のトマト氷の作り方

1. ヘタをくりぬいたトマトをポリ袋に入れ、袋の口を閉じないでレンジで15分加熱します。
  (トマト6個で、レンジ強600Wで15分)

2. 1のトマトを汁ごとミキサーに入れ、水60mlを加え、
  とろとろになるまでなめらかにします。

3. 冷めたら製氷皿に入れて凍らせて、1日2個を目安に食べます。
  (ミキサーがなければ加熱後、そのまま冷凍してもOKです)

トマトのリコピン

トマトのリコピンは加熱しても効果は変わりません。
トマトダイエットで注目されてから、女性の美容と健康にトマト
のリコピンが取り上げられています。

実際にトマトを使った飲料水なども出ていますし、サプリメントも
でていますので、関心が高いと言えます。

トマトに多く含まれる成分リコピンは強い抗酸化作用があります。
リコピンがメラニン色素の生成を促進する活性酸素を除去することで、
日焼けやシミ・そばかすの予防だけではなく、
目の下の小ジワが薄くなったということも言われています。

おわりに

今回は自宅にトマトがあったので、生のトマトで作ってみました。
リコピンは加工した物のほうが含有量は多いようなので、
ホール缶などで作る方が、リコピンをたくさん摂取するにはいいのかな
と思いました。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト6

2015.4.21

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト

2014年12月~ヨーグルトの食べ比べを開始し120種類以上のヨーグルトを食べました。つい最近では「プレーンヨーグルト無糖タイプ」を食べるよ…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る