夏バテ解消疲労回復にビタミンC 簡単ゴーヤチャンプルのレシピ付き

ゴーヤ効果とレシピ

ゴーヤにはビタミンCが豊富です。
夏バテや疲労回復にも役立ちます。

スポンサードリンク

ゴーヤ

緑のカーテンでゴーヤを作っている方もいらっしゃると思います。
ゴーヤは独特の苦味があって、苦手と言う方もいると思います。

暑い夏にゴーヤを食べると胃液の分泌を促して食欲を
増進させるので、夏バテ解消になります。

ゴーヤには、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、
モモルデシンなどが含まれています。

効果としては、動脈硬化予防、肝機能強化、健胃効果、血糖値低下、
ガン予防、疲労回復があります。

沖縄では、ゴーヤーが健康と長寿を支えてきたと言われています。
中国の漢方医学やインドのアーユルヴェーダなどの伝統医学では
ゴーヤーの医薬的効能を認めているそうです。

海外ではゴーヤは、糖尿病に有効であるというデータがあるそうです。
ビタミンCは熱に弱いとされていますが、ゴーヤのビタミンCは
熱に強いそうです。

ゴーヤの食品と動物性食品とを組み合わせると、抗酸化力がより一層アップすると
いう性質があります。
暑い沖縄で生活する上でゴーヤチャンプルは元気の源になっています。

[adsense]

ゴーヤの苦味をおさえるには

ゴーヤの苦味をおさえる方法として、沖縄産のズングリ型ゴーヤーを選ぶのが
いいそうです。
苦味がマイルドなゴーヤとして紹介されています。

その他にも
水にさらす(ビタミンCが溶けるので、長時間しないように注意)
塩もみをする
下ゆでする
薄切りにする
などがあります。

白いわたのところは苦いのでしっかり除いてください。

めんつゆで作る簡単ゴーヤチャンプ

材料(1人分)

ゴーヤ   1/3本
タマネギ  1/4個
ニンジン  1/4個
豚肉    適量
卵     1個
ゴマ油   多め
塩コショウ 少々
めんつゆ  適量
唐辛子   適量

作り方

1. ゴーヤを縦半分に切り、薄くスライスします。
  塩で軽くもみ、水にしばらくさらして水気を切っておきます。

2. フライパンにごま油を熱し豚肉をいため、半分ほど火を通しゴーヤと野菜を加えます。
  唐辛子、塩コショウをし、さらに炒めます。

3. 全体に火が通ったら卵をほぐして加えます。

4. めんつゆを3に回し入れざっと混ぜます。
  お皿に盛り付けて完成です。

おわりに

苦いゴーヤとわかっていても、夏になると1度は食べたくなる
ゴーヤチャンプです。
苦味を抑える方法で、簡単ゴーヤチャンプを作ってみようと
思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

シミのお薬シミトール 初回限定価格 口コミ評価3

2014.3.13

シミのお薬シミトール口コミ・評価 ~初回限定価格~

「2015年6月28日更新→価格の変更を追記(初回限定980円はそのまま)」 シミトールは、創業60年の水橋保寿堂製薬の商品です。はなまる…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る