更年期障害とは? オンナをあきらめない40代からのカラダ管理 ためしてガッテン

更年期障害とは オンナをあきらめない40代からのカラダ管理

更年期障害という言葉をよく耳にしますが、
実際はどのような状態なのでしょうか?
快適に過ごすための方法をまとめました。

スポンサードリンク

更年期障害

女性の更年期は、45歳から55歳をさすそうです。
更年期障害は、この時期に生じる自律神経失調(じりつしんけいしっちょう)
症状と精神症状が関係しあっているそうです。

平均51歳で訪れる閉経以降の30年余の生活を健康に過ごすためには
どうしたらいいのでしょうか?

不調などの症状を感じていても更年期障害の症状か
どうかがわからないので、我慢してしまう人が多いようです。

更年期の症状の主な原因は、
女性ホルモン「エストロゲン」の減少と言われています。
エストロゲンの減少により冷え、ほてりだけではなく、
骨密度やコラーゲンの低下や悪玉コレステロール
(LDL)の上昇

更年期の症状かどうかをチェックするHPもありますので、
心配な方は検索すると簡単に無料で診断することができます。

更年期障害の疑いがある場合は専門医の診察を受けることを
オススメします。
血液ホルモン検査をすることをすすめています。

[adsense]

ホルモンの補充療法

更年期障害によって、不眠や気分の落ち込み、頭痛、肩こり、疲労感など
つらい症状が加わり日常生活にも大きな支障が5年も続いたという
事例があります。

ホルモン補充療法は欧米などでは普及していますが、
日本ではまだ一般に普及はしていないようです。

改善ホルモンを少しだけ補うことで
脳の混乱をしずめる方法で、早い人で1~2週間で症状の改善
するそうですが、がんのリスクが上がるのでは?

というような不安の声答えています。
例えば乳がんのリスクについては、更年期の症状を緩和するために、
短期間(2~3年)使用する場合のリスクは増えないと言われています。

子宮体がんのリスクについては、プロゲステロン(黄体ホルモン)の併用によ
り増えないと言われています。

一度始めたらやめられない? という疑問については、
合わなければいつでもやめられるということや補充量を少しずつ減らしていく
という方法も医師と相談されてください。

ホルモン補充療法を行うときは、
定期的に乳房や子宮の検査を行うことが決まっているそうです。

ただし、乳がん、子宮体がん、脳卒中、重篤な肝疾患などに
かかっている場合は、ホルモン補充療法ではなく
漢方など他の方法で症状緩和をめざします。

おわりに

日本人の更年期障害の場合は、肩こりや憂うつを訴える頻度が高いそうです。
ホルモンが少なくなるということは以前から知っていましたが、
それによって起こる症状などが具体的にわかりました。
自分の体とは上手につきあいたいと思いました。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

2014.12.20

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

「2017年1月14日更新」 スーパーやコンビニで市販されているヨーグルトを食べ比べし「美味しい市販ヨーグルト人気お薦めランキング」を作っ…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る