暑い夏に麦茶のパワー 女性に多い”あの悩み”軽減と麦茶のおいしい入れ方 スゴワザQ

麦茶のパワー

麦茶は体にいいのでよく飲みますが、
自分で作る麦茶はなぜか美味しくないように
感じます。
アサイチでは麦茶のおいしい入れ方と
麦茶のパワーを紹介しました。

スポンサードリンク

麦茶のパワー

麦茶はノンカフェインで小さいお子さんや胃の弱い方でも
安心して飲めます。

麦茶は体を冷やす作用があるので、暑い夏にはぴったりです。
そして麦茶には血液をサラサラにする効果や冷えを緩和させる、
抗酸化作用などがあります。

血液の流れが悪くなると、疲労しやすくなりますが麦茶を飲むと
血液の流れをよくするので夏バテ防止にもぴったりのお茶です。

ただし、冷たい麦茶をガブガブ飲むと胃液が薄くなり、もたれた感じになりますので
1杯程度をこまめに飲むのがいいそうです。

またお腹が冷えている時は、少し温めた麦茶を飲むようにしましょう。

美味しい麦茶の入れ方

材料
・水・・・1リットル
・粒麦・・・20~30グラム(製品の分量に従ってください)
・お茶のパック

作り方
1. 1Lのお湯を沸かします。
2. 沸騰したら、パックに入れた粒の麦茶を入れて、香りが逃げないようにふたをして火を止めます。
3. そのまま30分放置します。
4. 麦茶のパックを取り出します。
5. ポットなどの容器に移して冷ましたら、完成です。

冷えの改善を期待できるピラジンを増やす

麦のアミノ酸と糖がばい煎時に加熱されると香ばしい香りがでます。
それがピラジン類です。
その麦茶の成分であるピラジン類に、体の冷えを緩和する働きがあるそうです。

そのピラジンを増やす方法です。

1.熱したフライパンに粒の麦茶を入れて火から少し離し、木べらなどで粒を転がしながら
  弱火で2分程から煎りします。(2分以上から煎りしないように注意してください)
 
2.2分後、火から外して、お皿に移してあら熱をとります。

3.前述の方法で麦茶をいれて完成です。

 

麦茶のクッキー

材料 (およそ20個分)

・小麦粉・・・70グラム 
・ベーキングパウダー・・・小さじ4分の1
・バター・・・40グラム
・三温糖・・・20グラム
・卵・・・2分の1コ
・麦茶(粒)・・・15グラム
・チョコチップ・・・7グラム

作り方

1. 室温でバターをやわらかくしてから砂糖を混ぜます。
   よく混ざったら、ベーキングパウダーを混ぜた小麦粉、卵を加え、混ぜ合わせます。

2. 1に麦茶の粒、チョコチップを加えます。

3. 生地ができたらスプーンを使い、麦が湿気ないうちに、素早くプレートに落とします。

4. 170度に温めたオーブンに入れ、20分焼きます。

5. 焼き上がったら、あら熱がとれたら完成です。

おわりに

麦茶の粒には食物繊維が豊富です。
煮出した液体の麦茶にはほとんど食物繊維は含まれて
いないそうです。
麦茶のクッキーなどで食物繊維を摂取するのもすばらしい
アイデアですね。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る