熱中症レシピ 夏のスープ ナスとしょうがの冷たいスープ はなまるマーケットで紹介

ナスとしょうがの冷たいスープ

きゅうりとなすは夏やさいなので、近所の畑で野菜を
作っている人からよくおすそ分けでいただきます。
ナスの冷たいスープは珍しいですし、熱中症予防にも
よさそうです。

スポンサードリンク

ナスの栄養

ナスは夏によく食べますが、焼いたナスにしょうが醤油で
食べるのが一番好きな食べ方です。

たくさんナスをいただくと麻婆茄子やナスの漬物、天ぷらなども
作って食べるのですが、なかなかなくなりません。

なかなか食べきれなくて、傷んでしまいがちです。
そんな時にはなまるマーケットでナスをスープにすると熱中症予防に
よいと紹介していました。

ナスをスープにして飲むという発想がありませんでした。
スープで冷たくすると暑い夏にもたくさん飲めそうだし、体にもよさそうです。

ナスの効果は、がん、高血圧、動脈硬化食あたり、のぼせ、
歯痛、口内炎、しもやけ、イボ、、眼精疲労などによいそうです。

また、夏バテ予防に効果的なビタミンB群が含まれていたり、
ナスの紫の色素には抗酸化成分が含まれ、夏のダメージを
早く回復する効果もあるというので、暑い夏にはぴったりですね。

[adsense]

ナスとしょうがの冷たいスープ作り方

あさりの栄養は、汗で失われてしまうカルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムが豊富です。
あさりの成分タウリンは夏バテ予防に効果的です。

材料(2人分)

ナス    2本
アサリだし 200cc
塩     少々
ショウガ汁 少々
オリーブ油 適宜

作り方

1. オーブントースターでナスをこげない程度に焼きます。

2. 1のヘタをとり、皮は剥かず、ミキサーに入れやすいサイズにします。

3. 2とアサリのスープ、塩、しょうが汁を加えミキサーにかけます。

4. 3を氷水で冷して完成です。

あさりスープの作り方

材料(4人分)

アサリ   10個
水     400~500cc

作り方

1. 鍋にアサリを入れます。 
  アサリが全部隠れる水量で強火にかけます。

2. 1が沸騰してアサリがひらいたら、弱火にして2、3分火にかけてから火を止めます。

3. ざるにクッキングペーパーを敷き、2.を漉します。

おわりに

ナスを使った冷たいスープは、夏バテしやすい夏にぴったりですね。
熱中症予防にもいいということで、夏野菜のナスをたくさん
食べられるように工夫をして料理したいと想います。
あさりだしというのも売っていますので、上手に使うとよさそうです。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

シミのお薬シミトール 初回限定価格 口コミ評価3

2014.3.13

シミのお薬シミトール口コミ・評価 ~初回限定価格~

「2015年6月28日更新→価格の変更を追記(初回限定980円はそのまま)」 シミトールは、創業60年の水橋保寿堂製薬の商品です。はなまる…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る