ほうれん草効果 美肌効果・頭痛の改善 便秘にも

ほうれん草

ほうれん草で頭痛が改善できる?
その秘密をまとめてみました。

スポンサードリンク

ほうれん草

ほうれん草の旬は冬だそうです。

スーパーなどでは、1年中ほうれん草は手に入りますが、霜に当たると
ほうれん草が甘くなるそうです。

ほうれん草を選ぶ時は、葉が濃い緑色で肉厚、張りがあって
根が短いものを選ぶのがいいそうです。

ほうれん草の効果

ほうれん草はとても栄養価が高いです。
緑黄色野菜の代表で、とくにカロチンやビタミンC、鉄分が多いです。

根元の部分はカルシウムを含みます。

根元の赤い部分には骨を丈夫にするって知っていましたか?
知らないでこの根元を捨てている人もいるかもしれません。

マンガンという成分が豊富に含まれていますので、捨てないで
食べるようにしましょう。

ほうれん草は、消化もよい食材です。
体質改善や病人にも向いています。

[adsense]

便秘にいいほうれん草

ほうれん草は胃腸のほうきと言われているそうです。

それは、ほうれん草のビタミンCが善玉菌を増やし、
食物繊維とビタミンCのパワーで便を出しやすい環境にしてくれます。

ビタミンB1が自律神経を正常にして、ぜん動運動を活発にしてくれます。

頭痛にいいほうれん草

頭痛にほうれん草?って思うかもしれませんが、偏頭痛に
ほうれん草がいいそうです。

ほうれん草のビタミンBが頭痛を抑制してくれる
効果があるんだそうです。

美肌にいいほうれん草

美肌にもいいとされているほうれん草ですが、ニキビにも
いいんだそうですよ。

ほうれん草には、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、
ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンAは、肌の粘膜を強くしてくれる役目をしますので、
ニキビが出来にくい肌を手に入れるにはビタミンAが必要です。

ビタミンB2は、皮脂の量をコントロールして新陳代謝を促進させます。
ビタミンCは、ニキビの炎症を防いだり肌をバリアしてくれる役割をします。

ビタミンEは、肌の老化を防ぎ、肌を若々しくしてくれます。

ほうれん草のピーナツ和え

ほうれん草のパスタやおひたし、ピーナツあえ、卵と一緒に焼いたり
うどんに入れたりして、上手にほうれん草を食べたいですね。

<

材料 (4人分)

ほうれん草   1束
鶏ささみ    2本
酒大さじ    1
しょうゆ大さじ 3
出し汁大さじ  11/2
ピーナッツバター大さじ3

作り方
1. ほうれん草をゆでたら、しょうゆと出汁を合わせた
  ものを半分をかけ、軽くしぼり適当な大きさに切ります。
  (残りは調味料は3へ使います)

2. ささみに酒をふり、ラップをしてレンジで3分途中裏返して、さきます。

3. 残りのしょうゆと出汁でピーナッツバターをのばします。

4. ほうれん草、ささみ、納豆をピーナッツバターで和えて完成です。

おわりに

ほうれん草のパワーってすごくないですか?
普段家にあっても、積極的に食べていなかったのが
とても残念です。

ほうれん草のパワーを知ったらもっと野菜を食べないと
いけないなと反省しました。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015年~ヨーグルト新商品一覧表|明治・森永・ダノン・小岩井・北海道乳業12

2015.3.7

ヨーグルト新発売・新商品一覧表|明治・森永・雪印・ダノン・カルピス・ヤクルト他

「2017年5月15日更新」 もっとヨーグルトを楽しみたい!もっと多くの人にヨーグルトを食べてもらいたい!と思い、大手メーカー...明治・…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る