たまねぎ氷レシピ もやしで簡単常備菜 健康レシピ

たまねぎ氷 もやし

たまねぎ氷ともやしで作った簡単な常備菜
を紹介します。

スポンサードリンク

たまねぎ氷レシピ

たまねぎ氷は健康にとてもよいと言われています。
なぜ、たまねぎを氷にするのかと考える人もいるようですが、

たまねぎをレンジで加熱することでたまねぎに甘みが増します。
氷にすることで保存も長くできますし、調理も簡単です。

あらゆる料理に合うというところもたまねぎ氷の良い所です。
1日2個を摂取するだけなので、長く続けることもできます。

もともとたまねぎ氷を作るきっかけになったのは、糖尿病の人のために
考案したそうです。

たまねぎには血圧を下げたり、血糖値を下げる効果や生活習慣病予防や
ガンといった病気などにも効果があります。

たまねぎは昔から血液をサラサラにすると言われているように、活性酸素を
除去する、中性脂肪を除去するなどという効果もあります。

ダイエット効果も新陳代謝をよくしたり、快便になることで効果があるようです。

もやしのたまねぎ氷和え作り方

材料

もやし    200g
たまねぎ氷  2個 (50g)
鶏ガラスープ(顆粒) 小さじ1/4
黒胡椒        少々

作り方

1. もやしをポリ袋に入れ、口は閉じないで電子レンジ600w
  で2分加熱する。

2. 1をざるにあげて水気をきる。

3. 2を玉ねぎ氷であえて器に盛り付けて鶏ガラスープと
  こしょうをふって完成。

もやしの栄養

もやしの種類は大きく3種類あります。

緑豆もやしは普段からたくさん出回っていますので、もやしの種類を気にしないで
食べているかもしれません。

ブラックマッペは、けつるあずきのもやしでひげ根が細長いのが特徴です。
大豆もやしは、大豆を発芽させた細くて長いもやしです。

もやしにはカリウムなどのミネラル類、ビタミンA、C、などのビタミン類と植
物繊維が多く含まれています。

ヘルシーな食品なので、もやしダイエットというものもあるくらいなんです。
コレステロールの低下やガン、動脈硬化を予防したり、便秘や糖尿病の改善効果も
あると言われています。

もやしは成長しながらさらに別な栄養素も含んでいく特殊な野菜です。
値段も安くて栄養も含んだヘルシーな野菜なので、ぜひたくさん食べたいですね。

おわりに

もやしで作る簡単な常備菜は1人分が25kcalとヘルシーです。
ダイエットとしても強い味方になるもやしとたまねぎ氷のいいところを
組み合わせたメニューなので、ぜひ作ってみたいと思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る