50℃洗いで健康になる 基本の手順まとめ

50℃洗い

50℃洗いをすると野菜も新鮮になって、シャキシャキ
するんだとか。
50℃洗いをするとなぜ健康になるのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

50℃洗いで健康になる

最初に50℃洗いがいいと聞いた時は正直「お湯で洗ってしまうと栄養が逃げるし、
ほうれん草だってしなびてしまうんじゃない?」

と思っていました。
ところが、逆に野菜はパリパリになるし、調理前に50℃のお湯で食材を洗うと、
野菜は元気になりアクやエグみも取れるそうです。

野菜をお湯で洗うと熱ショックで表面の気孔が開き水分を吸収するためにおこるそうです。

そういえば、いつだったかテレビでバナナを温めると甘くなるということを
放送していて、実際に試したことがありました。

甘いバナナの作り方の記事
その中にも40~50℃のお湯に5分ほどつけるということが書いてありました。
これは50℃洗いの元祖かもしれません。

実際にこの方法を試したバナナは甘くなっておいしかったです。
温度が高いとバナナの皮は真っ黒になってしまったので温度管理には注意が必要です。

肉や魚などのタンパク質類は、酸化した油が取り除かれておいしくなると
聞いて50℃洗いについて調べてみることにしました。

50℃洗いをすることで、味が良くなります。
その他にも野菜の細胞が再活性化するので長持ちしたり、
汚れや虫が落ちやすい、といった効果もあるそうです。

50℃洗いで気をつけることは、お湯の温度が43℃以下になってしまうと
反対に菌が繁殖しやすくなるので、お湯の温度には気をつけてください。

50℃洗いの方法

用意する物
・温度計 
・ボウル(鍋でも可)

ボウルにお湯を入れ、温度計を見ながら50度に調整します。
簡単な50℃のお湯の作り方は、ボウルに熱湯と水を同量入れてかき混ぜる。

と50~55℃になるので、温度計を見ながら水を足します。
50℃~53℃ぐらいが適温です。
3秒ほど手を入れられる位が50℃前後の目安。

食材の洗い方

表面を傷つけないように優しく洗います。
ほうれん草などの葉物野菜はお湯の中でしゃぶしゃぶをするような感じで洗います。
熱くてさわれない人は、るかさいばし等を利用して洗います。

お肉の50℃洗い

材料
鶏もも肉 1枚

作り方

鶏もも肉を1枚のまま50℃のお湯で洗い、
そのまま2~3分漬けておきます。

冷水に2~3分つけて水気をふき取ります。

もやし

もやしを入れ、1分半~2分ほど全体をかき混ぜます。
50℃洗いでもやしの臭みがとれて栄養と旨みがキープできます。

果物

果物は漬ける感じで2~3分置いたら水気を切って冷やして食べます。

おわりに

ほうれん草をお湯で洗うとなぜシャキシャキになるのか不思議でした。
アクやエグミなどもとれておいしくなるというので、野菜でも
50℃洗いを試してみようと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

2014.12.20

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

「2017年5月14日更新」 スーパーやコンビニで市販されているヨーグルトを食べ比べし「美味しい市販ヨーグルト人気お薦めランキング」を作っ…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る