たけしの家庭の医学 今急増している病気ランキング11/12放送

みんなの家庭の医学

肺炎が急増している原因は寝ている時にあった!
たけしの家庭の医学では今急増している病気ランキング
スペシャルです。

スポンサードリンク

たけしの家庭の医学11/12放送

たけしの家庭の医学3時間スペシャルは、
今急増している病気ランキングです。

ここ10年で、心筋梗塞や脳梗塞など心臓や脳に関わる病は
かなり減少しているそうですが、その一方では70倍近く増えた病や

患者数が20万人も増えた病があることがわかりました。

ゲストは
加藤茶 研ナオコ 美保純 中山秀征 松尾雄治
新山千春 ガダルカナル・タカ

呼吸器系の病気全般に及ぶ
呼吸器内科のスペシャリスト呼吸器内科のスペシャリストである
横浜市大市民総合医療センターの金子猛医師

金子先生が警告する病気ランキング

3位  COPD
慢性閉塞性肺疾患

なぜCOPDが増えているのか?
長年の喫煙が原因。

2位  肺がん

進行するまで症状がほとんどないため手術が
難しい。
早期発見がカギ。

1位 肺炎

肺炎は最近やウイルスが肺
免疫機能の低下が原因。

免疫機能が低下していないのにある病気が関わると肺炎が
起こる意外な原因とは?

[adsense]

寝ている時に体をむしばむ病

彼女の肺に病魔が忍び寄って危険な状態になってしまった例をご紹介します。

しつこいせきが出て昨日よりひどくなっています。
咳はずっと続くわけではないのですが、しっかり寝れば大丈夫と

風邪薬を飲んで早めに寝ると咳は収まり、ぐっすり寝ることができました。

翌朝、呼吸困難におちいっていました。
近くの救急病院へ行くと肺炎であることがわかりました。

体の調子もよく、睡眠もたっぷりとっていたのに、なぜ肺炎になってしまったの
でしょうか?

肺炎にきっかけとなった病とは?
無症候性脳梗塞(隠れ脳梗塞)

自分ではまったく気がつかない隠れ脳梗塞が反射機能を低下させてしまっていました。
熟睡して咳がでなかったのは、反射機能が働いていない証拠でした。

血圧が高いと注意が必要です。
高齢の方は特に注意が必要です。

飲み込み機能チェック

唾液の飲み込みを30秒で何回できるかチェックします。

1.人差し指と中指でのど仏を軽く押さえるようにはさみます。

2.口の唾液を飲み込みます。

3.のど仏が人差し指よりも上に動きまた戻ります。

4.唾液の飲み込みを30秒間で何回できるか数えます。

この時、のど仏がきちんと上がらない時は1回とはカウントしません。
また、唾液が少なく、口の中が乾燥する場合はうがいなどで
口をしめらせてから行います。

30秒で何回できたかの判断基準

・6回   高齢者の平均

・5回以下 飲み込み力低下の恐れあり

・2回以下 要注意

ゲストの研ナオコさんは20回以上飲み込みができていて
ダントツでした。

飲み込み力アップ体操

のど仏の筋肉を鍛える体操です。

・食事の前に行うといいそうです。
・1日5回程度行います。

えんげおでこ体操やり方

1.背筋を伸ばして座ります。

2.おでこに手のひらを縦につけます。

3.頭を手で押さえて動かないようにし、おへそをのぞくようにする

4.ゆっくり、5秒間手のひらとおでこで押し合いをします。

その時にのど仏の上を触り筋肉が硬くなっていればOK

そのほかにも
寝る前の歯磨きは念入りにすることが大切なので、
口の中をきれいにします。

おわりに

隠れ脳梗塞の病気によって免疫が低下していなくても
肺炎になることがわかりました。

しつこい咳などがなかなか治まらない場合は
早めに病院に行くことが大切だと思いました。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

2014.12.20

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

「2017年5月14日更新」 スーパーやコンビニで市販されているヨーグルトを食べ比べし「美味しい市販ヨーグルト人気お薦めランキング」を作っ…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る