たけしのみんなの家庭の医学  11/12放送 血糖値を改善しても死を招く糖尿病

糖尿病

11/12放送のたけしのみんなの家庭の医学の
内分泌内科をまとめました。

たけしのみんなの家庭の医学 

2013年11月12日放送の
テレビ朝日たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

3時間スペシャル名医が警告!いま急増している病気ランキングの
内分泌内科編をまとめました。

ゲスト、出演者は

横浜市立大学附属市民総合医療センター 呼吸器病センター部長 金子猛先生

出演者:ビートたけし 喜多ゆかり 加藤茶 研ナオコ 美保純 中山秀征 松尾雄治
ガダルカナル・タカ 新山千春 他

東京医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 小田原雅人先生

内分泌内科病気ランキング

3位   甲状腺機能障害

常にだるさを感じ覇気がなくなる。

2位  脂質異常症

食べ過ぎなどによあり、血液中にコレステロールなどが
たまりやすくなり、
脳梗塞などが起こりやすくなる。

1位  糖尿病

予備軍の数は1320万人
日本人の10人に1人はなる確率になる。

血糖値を下げることは大切ですが、死を招く恐ろしい病とは

血液中に死を招く○○があふれているといいます。

Yさんの糖尿病の事例

Yさんは小さな職場ながらナンバー2まで上り詰めました。
Yさんはとんかつとごはんの組み合わせが大好きですが、

野菜は大嫌い。
お酒を飲まないYさんは食後に甘いものを食べていました。

健康診断では、糖尿病予備軍と言われていました。
近所の病院で検査をすると、血糖値は136と糖尿病の数値を

超えていました。
165センチの慎重に対して75キロと肥満でした。

糖尿病の原因は食べ過ぎと運動不足でした。
異常が出ているのは血糖値だけじゃないという奥さんに対して

糖尿病なんて血糖値を下げればいいと、甘くみていました。
奥さんは危機感を感じて、魚や野菜を中心の食生活に。

ウォーキングもいやいや始めました。
血糖値は薬の効果か、136から101の正常値の戻りました。

Yさんは運動はほとんどしないで甘いもを食べる生活をしていました。
その後、疲れやすいことや針で心臓を刺されるような胸の痛みから

診察を受けると心筋梗塞と診断され、入院、手術を受けることになりました。

血糖値を改善しても死を招く恐ろしい病

なぜ血糖値が改善されても心筋梗塞を起こしてしまったのでしょうか?
その原因は超悪玉コレステロールでした。

超悪玉コレステロールは悪玉コレステロールよりも悪さをします。
超悪玉コレステロールの直径は25.5nm未満です。

それでは超悪玉コレステロールを減らすにはどうしたらよいので
しょうか?

太っている人は痩せることです。
内臓脂肪を減らすことができれば中性脂肪も減るので、コレステロール
が減ってきます。

ただし、食事制限では効果が十分ではないので運動で中性脂肪を
減らすのがよいそうです。

おわりに

一見血糖値の数値が下がって安心だと思っても、
超悪玉コレステロールが心筋梗塞のリスクを高めるということが

わかりました。
甘いものの食べ過ぎには注意が必要ですね。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト6

2015.4.21

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト

2014年12月~ヨーグルトの食べ比べを開始し120種類以上のヨーグルトを食べました。つい最近では「プレーンヨーグルト無糖タイプ」を食べるよ…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る