ノロウィルスに注意 自宅での予防と消毒液の作り方

ノロウイルス

毎年11月頃から翌年の4月にノロウイルスが流行します。
我が家でも数年前に家族でノロウイルスに感染して大変でした。

あの大変だったことを思い出すと今から予防しておかなければと
いう気持ちになります。

小さいお子さんからも感染しますのでどのように予防したら
よいかまとめてみました。

スポンサードリンク

ノロウィルス

この季節になると、保育園や学校、施設などで感染することが
多くなります。

毎年11月頃から翌年の4月にノロウイルスが流行しますが、
年末にからお正月に1度家族でノロウイルスになって大変な

思いをしました。
ノロウイルスは小さい子供から大人にも感染します。

ふん便やおう吐物などから感染したり、ロウイルスに汚染された食品や食事
などから感染します。

保育園で流行していた時期もありました。

ノロウイルスにかかると吐き気・おう吐・下痢・腹痛といった症状がでます。
感染してから発症するまでの時間は24~48時間で、特に治療を必要とせずに治ります。

1~2日ほどこのような症状が続くのでつらいですが、子供や高齢者は脱水症状や重症に
なる場合がありますので、水分と栄養の補給などには特に注意が必要です。

ノロウイルスにあの飲み物が効果的らしい

ノロウイルスにヤクルトがいいという記事をみました。
ヤクルトは乳酸菌飲料なので、腸内環境が良くなりその結果免疫力も高まり

熱も出にくくなるという結果が出ているそうです。
早ければ2週間ほどで効果が現れるので、受験生も予防策として飲んで欲しいと

書いてありました。

自宅での予防策と消毒液の作り方

自宅での予防法としては、基本は手洗いをすることです。
ほとんどの感染経路は手や指からとあります。

食事の前やトイレに行ったあと、調理の前や外から帰ってきたら
手を洗う週間をふだんから行いましょう。

汚れが残りやすい、指先や指の間、親指の周り、手首や手のしわは
念入りに洗いましょう。

自宅での消毒液の作り方

用意するもの

家庭用塩素系漂白剤
よく洗ったペットボトル
金属でないじょうご

嘔吐などがついた衣類やトイレ床などを消毒する場合は、
500mlのペットボトルに水を半分いれ、その中に漂白剤をペットボトルの

キャップ2杯(10ml)を入れます。
その後に水を入れて500mlにしてふたをしてよく振って完成です。

おもちゃや調理器具などに消毒する場合は、2Lのペットボトルを用意します。
水を半分入れてその中に漂白剤をペットボトルのキャップ2杯(10ml)を入れます。

もう半分の水を入れて2Lにしてふたをしてよく振って完成です。
作った消毒液は時間とともに効果が落ちますので、こまめに作って使いきります。

おわりに

ノロウイルスという言葉を聞くと、大変だったことを思い出します。
ふだんから手洗いをしっかりしておくことや、消毒液も自宅で作れますので

知識として知っているだけでも役にたつと思います。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

2014.12.20

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

「2017年1月14日更新」 スーパーやコンビニで市販されているヨーグルトを食べ比べし「美味しい市販ヨーグルト人気お薦めランキング」を作っ…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る