麹の健康効果 はなまるマーケットで放送 甘麹の作り方

甘麹の作り方

はなまるマーケットで麹の健康効果と甘麹の作り方を紹介していました。
今年も塩こうじは、我が家でも大活躍しました。

麹は甘酒にも使われていて、飲む点滴と言われて夏も冷やした甘酒が販売
されていました。

麹料理研究家:おのみささんに、甘麹の作り方とレシピを教えていただきます。

スポンサードリンク

毎年暮れの季節になると、酒屋さんが酒粕を届けに来てくれます。
この酒粕をいただくと、今年もあとわずかだなとという感じがします。

普段はそんなに甘酒などを飲んだりしないのですが、酒屋さんからいただく酒粕は
作りたてのようなので、甘酒を作って飲みたくなります。

市販で売られている甘酒は甘味が強いものが多いのですが、自宅で作るときは
自分の好みで砂糖を調整できるので、砂糖を控えめにして作ります。

酒粕はお酒を絞った粕なので、甘麹も甘酒に使ったりするそうですが
麹と言っても違うもののようです。

はなまるマーケットで麹の健康効果について放送されていたので、まとめてみました。
栄養については、ビタミンB1、B2、B6、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ナイアシンなどが
含まれ、特にビタミンB群が豊富です。

昔から疲労回復等に効果的と言われているのはこのためなんですね。
麹の健康効果については以下の様うな効果がみられます。

・美肌
・免疫力アップ
・消化促進
・腸内環境改善
・老化防止
・高血圧予防  など

甘麹の作り方

甘麹は、塩麹、しょう油麹に次いでミラクルパワーの調味料と言われています。
今回は麹料理研究科のおのみささんに教えていただきました。

材料

水 300cc
ご飯 350g
米麹 200g

作り方

1. 鍋に水、ご飯を入れてお粥を作り、60度まで冷まします。

2. 麹を加えてお粥と混ぜ合わせ炊飯器に入れて保温状態にします。
  ふきんをかぶせて、ふたは空いた状態で6時間おけば完成です。

甘麹を使った豚のショウガ焼き


はなまるの中で甘麹のレシピがいくつか紹介されていました。
その中で、簡単でおいしそうだなと思ったのが、豚のショウガ焼きです。

お肉に麹を使うとお肉がやわらかくなって、甘味がでてきます。
想像しただけでもおいしそうですよね。

材料(2人分)

豚ロース肉(ショウガ焼き用) 6枚(200g)
小麦粉  大1
甘麹   大2
しょう油 大1
ショウガ(すりおろし) 大1

作り方

1. 豚肉は筋を切り、うすく小麦粉をまぶします。

2. フライパン熱して油をひき、豚肉を両面よく焼きます。
  甘麹をよく混ぜて、しょう油とショウガをからめたら出来上がりです。

おわりに

甘麹を作る時に米麹が必要になってきます。
米麹を検索していたら、通販でも甘麹が販売されていることがわかりました。

手作りで作るのもいいですが、近所に売っていない場合は通販で購入できる
ので甘麹を買ってもいいかなと思いました。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る