冬のかゆみとスキンケア 日常生活で注意する点は

乾燥

冬になると肌にかゆみがでたりして、この季節、皮膚のかゆみで悩まされる人も多いと思います。
空気が乾燥することで皮膚の水分も失われてしまうんですよね。

子供もこの季節は毎年保湿クリームをお風呂上がりにつけています。
日常生活の注意点と冬のスキンケアについてまとめてみました。

スポンサードリンク

冬のかゆみ

冬のかゆみは乾燥からかゆみに悩まされている人が多いです。
これは年齢ととともに潤い因子が減少するのも原因の1つです。

皮膚から水分が蒸発するのを防いだりバリア機能が失われてしまうことで、
皮膚は乾燥をしやすい状態になっています。

そのほかにもかゆみの原因は、衣類等のこすれや科学物質、外部からの刺激で
過敏な状態になると、わずかな刺激でもかゆみが生じてしまいます。

皮膚科などの医療機関では、塗り薬や飲み薬などを組み合わせて治療をします。

日常生活の注意点

日常生活の注意点は、皮膚を乾燥させないようにすることと、過剰な刺激を与えないことです。
こたつや電気毛布などは皮膚を乾燥させますので、使いすぎないように気をつけます。

うっかりこたつで寝てしまって風邪をひいてしまった経験があるかもしれません。
これは体温上昇により汗をかいて水分を奪われ、更に乾燥した口腔・鼻粘膜などにウイルスが

入りやすくなることが原因のようです。
乾燥を防ぐために室内を加湿したり、下着を肌に刺激の少ない木綿を使用すること。

また食事も刺激の強い食べ物を控えたり、アルコールも摂り過ぎないように注意しましょう。
入浴も熱いお風呂に入るのは乾燥の原因になりますので、ぬるめのお湯(39~41℃)がオススメです。

体もゴシゴシ洗うのは避けて、泡でやさしく洗います。
お風呂からあがったら、すぐに体の水分をふきとります。

保湿とスキンケア

お風呂から上がって保湿ケアをしていないと水分は20分で入浴前よりも少なくなっています。
乾燥しやすい人は、お風呂から上がったら5分以内に乳液やクリーム、軟膏などをつけます。

特に乾燥がひどい場合は、ローションタイプの保湿をした後にワセリンなどの油脂が多く含まれ
いる軟膏をつけてふたをするように保湿をするのがいいようです。

おわりに

乾燥がひどい場合は入浴後は乳液などのローションだけでは保湿は不十分ということが
わかりました。

年齢とともに乾燥しやすくなるということなので、しっかりと対策をしていかなければ
いけないと思いました。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト6

2015.4.21

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト

2014年12月~ヨーグルトの食べ比べを開始し120種類以上のヨーグルトを食べました。つい最近では「プレーンヨーグルト無糖タイプ」を食べるよ…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る