ふくらはぎをもみなさい 1/17金スマ放送で大反響!たちまち58万部突破

ふくらはぎ

1/17に紹介された金スマではふくらはぎをもみなさいが
紹介されました。

スタジオでも実際にふくらはぎの揉み方を教わりながらふくらはぎを
もむと1日5分もむだけで、高血圧、糖尿病、足・腰の痛みが遠のくそうです。

スポンサードリンク

ふくらはぎをもみなさい

1/17の金スマでは以前紹介されたふくらはぎを揉みなさいが、
スタジオで体験ということで紹介されました。

金スマで紹介されてから、長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさいが58万部も
突破されたそうです。

ふくらはぎをもむことで健康になれて、高血圧、糖尿病、足・腰の痛みを
遠ざける最強の健康法と紹介されています。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われています。
ふくらはぎをもむことで血流がよくなり、体の全身がポカポカ暖かく

全身に血液がめぐり、酸素が供給されて老廃物を除去することができるそうです。

エドはるみさんと、駒田アナウンサーがふくらはぎをもむだけで実際にサーモグラフィーでは
体温があがっていました。

ふくらはぎをもむと全身がポカポカ温かくなると言っていました。

[adsense]

ふくらはぎの揉み方

1.あぐら座りをして、右側の足から始め、内くるぶしから膝下へ3~4cm
 間隔で 両手の親指を重ね、移動するときは息を吸い、息を吐きながら押していきます。
(必ず内くるぶしから膝下へ2回繰り返す)

2.アキレス腱から膝下を2回もみます。

3.足を外側にして、外くるぶしから膝下を2回もみます。

4.膝を立て、膝の裏にあるリンパ節を玉を転がすようにやさしく10回
  押します。

5.膝を立て、アキレス腱を手前に引く感じで、ふくらはぎの下を
  3分の1くらいまでもみを3回行います。

片足5分ずつを行い、左右も同様に行ってください。

口コミ

ふくらはぎを揉むとトイレの回数が増えて老廃物が出ている
感じで体が軽くなりました。
夜中に何度もトイレに起きていたのですが、ふくらはぎをもみはじめてから
トイレにいく回数が減りました。
ぐっすり眠れるのはありがたいです。

足を5分もむだけで血圧が下がりました。
薬で血圧を下げると具合が悪くなるので助かります。
写真がいっぱいでわかりやすいです。

おわりに

著者の槙孝子さんの肌がとてもきれいでした。

テレビで、ふくらはぎをもむと血流がよくなり肌もきれいになるし、
老廃物が出るのでダイエット効果もあると言っていました。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る