血管の老化である動脈硬化を防ぐには

動脈硬化予防

動脈硬化という言葉は普段よく聞きますが、実際に説明できるかというと上手に説明できないような気がします。

簡単に説明すると、動脈硬化は血管の老化です。

動脈硬化によってさまざまな病気を引き起こす危険があるということで、動脈硬化を防ぐには
どのようにすればよいかをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

動脈硬化とは

動脈硬化予防3

動脈硬化ってよく聞く言葉ではありますが、もし人から聞かれたらうまく説明できないかも
しれません。

簡単に説明すれば、動脈硬化は血管の老化といえます。
血管の老化、つまり動脈硬化は10代後半から始まっていると言われています。

10代から血管の老化が始まっていると知って、少しショックでした。
血管も年齢とともに固くなってしまったり、傷つきやすくなってしまいます。

ただ、血管の老化はありますが、実際の年齢と血管の年齢は人によって違いがあります。
これは、生活習慣、食生活や喫煙、運動などでも違いがでてきます。

動脈硬化の怖さ

動脈硬化予防1

動脈硬化の怖いところは、気がつかないうちに進行してしまうことです。

血管が細くなっていたり、つまっていることに気がつかないでそのままでいると、ある日
突然心筋梗塞や脳卒中、脳梗塞などの病気を引き起こす怖い病気なのです。

動脈硬化を引き起こすリスクが高くなる要因には、高血圧、コレステロールや中性脂肪値が
高い人や肥満、高血糖などによっても促進されてしまうのです。

動脈硬化の程度を汁には心電図の検査やCAVI(キャビィ)検査などがあります。
医療機関によって費用も異なりますので、事前に確認してみるのがよさそうです。

[adsense]

動脈硬化のリスクを減らすには

動脈硬化予防2

動脈硬化のリスクを減らすには、普段からの食生活を見直すことが大切です。
食事は減塩に気をつけて、野菜をたくさん食べるようにします。

肉類も脂肪が多い部分は控えめにしたり、肥満にならないように心がけましょう。

また運動も効果がありますので、軽めの有酸素運動ができるような散歩やウォーキング、
これからの季節は水中での運動もオススメです。

そして喫煙している人は禁煙を心がけ、睡眠なども少なくなりすぎないように気をつけましょう。
また動脈硬化に効果のある食べ物もこちらにまとめてありますので、参考にしてみてください。

おわりに

動脈硬化はしらない間に進行しているかもしれません。
高血糖や高血圧などが動脈硬化を高める要因にもなっています。

食生活などに気をつけるとともに軽めな有酸素運動もするように心がけて動脈硬化を予防しましょう。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト6

2015.4.21

プレーンヨーグルト最新レシピ|水切り・ケーキ・料理・ホットヨーグルト

2014年12月~ヨーグルトの食べ比べを開始し120種類以上のヨーグルトを食べました。つい最近では「プレーンヨーグルト無糖タイプ」を食べるよ…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る