今年の蚊は例年の2倍!?蚊を駆除・対策する方法(いっぷく参考)

蚊を駆除・対策する方法(いっぷく参考)

梅雨明けは蚊が一番発生する時期と言われ・今年は例年の2倍ほどの蚊が発生しているようです。

私個人的にも今年は「夜中の蚊の音で何度も起こされている」感覚があります。アカイエカ・やぶ蚊を駆除する方法をTV番組いっぷくを参考にまとめてみました。

スポンサードリンク

蚊を駆除方法と対策

・アカイエカ・・・屋内を好む赤みかかった蚊
・やぶ蚊・・・「ヒトスジシマカ」と呼ばれるシマシマ模様の蚊(黒っぽい)

私たちが良く刺される蚊は「アカイエカ」と「やぶ蚊」2種類です。「アカイエカは住宅地・家の中でさされる蚊」で「やぶ蚊は、庭先・墓地・森林などでさされる蚊」と考えてほぼ間違いないと思います。

私たちから吸血する蚊はメスに限られ・産卵期に必要な栄養素として吸うのだと言われています。ちなみに、刺されて痒くなるのは皮膚でアレルギー反応を起こすのが原因です。

家で蚊を駆除・予防対策

蚊は雨水などがたまったところに卵を産みつけます。庭先に植木や鉢で食物を育てている場合には水がたまった場所を作らないことが蚊を大量に発生させない予防策です。

水たまりに蚊が卵をうみボウフラが大量発生し・羽化して蚊が増えます。植木鉢の受け皿に10円玉や銅線などを利用することで予防及び駆除することが出来ます。つまり、蚊が卵を産めない環境を作ることが大事だということですね。

[adsense]

外出先で蚊を対策する方法

ハイキング・お墓参りなど、蚊に刺される可能性の高い所に行く場合には虫よけスプレーを用意するのが効果的です。お出かけの服装は、肌の露出をできるだけ控え・黒っぽい濃い色のものを避ける方が良いです。※蚊は温かい場所を好むので、熱を吸収しやすい色の服装は避ける

ボウフラをわざと発生させる?

わざと蚊が産卵しやすい環境を作る為、水を溜めたバケツをいくつか用意しボウフラを発生させ・成虫になる前にバケツの水を捨て一網打尽にするという方法もある。ボウフラ(幼虫)は1週間~10日程度で鬼ボウフラ(蛹)・成虫に羽化します。

上記のような方法もあるようです。わざとボウフラを発生させ・成虫になる前に一網打尽する考えだと思われます。まあまあ都会に住んでいる私から考えると「わざわざボウフラを発生させるより・発生させない環境作りをする」ことの方が重要に感じます。

もしかしたら、自然の多い地域の場合には効果的な方法であり・先人の知恵ということなのかもしれないです。※自然の少ない都会の場合には非効率だと考えています。

家の中で蚊を駆除する3つの方法

1、テレビをつけておびき寄せる
2、虫あみで捕まえる
3、掃除機で蚊を吸いとってします

以前、「すご技Q」で紹介されていた方法を「耳元で「ぷ~ん」蚊を退治する裏ワザ すご技Q」という記事にまとめています。

今年の夏は特に睡眠時に「ぷ~ん」という音に起こされることが多く・今年の蚊の発生が例年の2倍に増えていることが原因のように感じています。近年、熱帯夜の日が多くなかなか寝付けない中ようやっと眠りに落ちた時に・・・「蚊に起こされる」ことが続くとさすがにうんざりしてしまいますね。

蚊が大量発生しない環境作り・予防をし、夜中の蚊の音に悩まされない環境作りをしていきたいものですね。※今年は夜中の蚊に悩まされています

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る