歯周病菌が増殖して口臭の元に 口臭治療について

口臭と歯周病

歯周病は放っておくと最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。
口臭を分類すると4つありますが、この中で治療をしなければならない口臭は1つです。

歯周病を予防することや治療も大切ですが、今回は口臭についてをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

歯周病と口臭

口臭と歯周病1

口臭は4つのタイプに分けることができます。
朝起きた時や緊張などで口の中が乾いたり空腹時などに起こる口臭は治療の必要はありません。

この場合は唾液の量が増えると口臭も自然と収まるからです。

そのほかにも餃子を食べたりなど、匂いの強いニンニクやネギ、また酒やたばこも口臭の原因と
なります。

こちらの口臭も一時的なものとなるので治療の必要はありません。

それから本人が口臭があると思い込んでいる場合などもありますが、この場合は心理的な治療が
必要となります。

治療が必要になるのは病的口臭です。
病的口臭についても調べてみました。

病的口臭

口臭と歯周病2

口臭には4つのタイプがありますが、治療が必要となるのは病的口臭です。
病的口臭の9割以上が口腔内由来の口臭となります。

口の中の悪臭は歯周病菌などの細菌が作っています。
歯周病が進行すると病原菌の数も増えていきます。

歯周病にかかっていると悪臭になる材料が増えるため、口臭が強くなっていきます。
歯周病の治療は口臭治療にもつながっています。

歯周病の炎症を抑えるためにも治療が必要になります。

口臭治療について

口臭と歯周病3

口臭を治療する場合、口臭専門クリニックというのがあります。
全国にありますので口臭が気になる方は参考にしてみてください。

歯周病による口臭治療の場合は、歯周病を治療する必要があります。
歯周病の原因となっている病原菌の数が減ることで口臭治療にもつながります。

歯周病の治療は個人によってもそれぞれ治療方法が異なってきます。
虫歯の治療と違って、歯周組織の経過をみていく治療となります。

レントゲンで口腔内の撮影をしたり、歯石取りなどや自宅での歯磨きの仕方なども含めて長期に
渡って治療を行うことになります。

おわりに

歯周病は病原菌が増えると悪臭の原因にもなることから、普段から食べたら歯磨きをするなどの
予防や歯石を取り除いたりするなども大切なことだとわかりました。

一時的な口臭と違って病的な口臭は早期の治療が口臭治療にもつながりますので、気になる方は
早めに歯医者に行ってみてください。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る