血液をサラサラにすると言われている食品で動脈硬化を防ぐ

動脈硬化を防ぐ

動脈硬化を防ぐためには血管をつまらせないように、血液をサラサラにすることが大切です。

食品でも動脈硬化を防ぐことができて、血液をサラサラにする効果があるということなので
その食品についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

動脈硬化

動脈硬化を防ぐ2

動脈硬化は一言でいうと血管の老化です。

血管が固くなってしまったり、もろくなってしまうので、そのまま放置しておくと危険です。
それは、脳卒中や心筋梗塞などの病気を引き起こす原因となるからです。

普段から血液をドロドロさせないように血液をサラサラにさせる効果のあると言われている
食品を紹介したいと思います。

血管をサラサラにしたり、丈夫にすることで動脈硬化を防ぎましょう。

飲み物で血液をサラサラに

動脈硬化を防ぐ3

血液をサラサラにさせる効果があると言われている飲み物を集めてみました。
緑茶、麦茶、ウーロン茶、赤ワイン、ココア、お酢、そして適度なお酒ということでした。

お酒も適量は良薬と言われているように、泡盛や本格焼酎は他のお酒と比べて血栓を溶かす酵素が
多いと言われています。

お茶のカテキンやウーロン茶のポリフェノールが体にいいと言われています。
お茶の中では麦茶が一番血液をサラサラにする作用があります。

夏の飲み物としても麦茶はさっぱりしていておいしいですよね。
麦茶の大麦には赤血球の流れをよくする作用があるということです。

そのほかにも赤ワインやココアには、コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。

[adsense]

食べ物で血液をサラサラに

動脈硬化を防ぐ1

血液をサラサラにすると言われている食品には、納豆、魚、きのこ類、野菜、お酢、海藻類
などがあります。

納豆のナットウキナーゼには血栓を溶かす働きがあります。
また魚のDHAには血管の弾力性を高めたり、赤血球の柔軟性を向上させます。

海藻類のヨードには新陳代謝を高める働きがあります。
アルギン酸には血糖値の上昇を防ぎ、コレステロール値を下げる働きがあります。

きのこ類には、コレステロールや血糖値を下げる働きがあります。
お酢には血液中の老廃物を排出する働きがあります。

野菜には食物繊維が多く、抗酸化作用があるなど多くの働きがあります。
また、たまねぎなどのネギ類は血液をサラサラにする働きもあります。

1つの食品を食べるのではなく、たくさんの種類を食べるようにすることが大切です。

おわりに

血液をサラサラにすると言われている食品や飲み物を意識して摂取するだけでもかなり
違いが出てくると思います。

1つの食品だけに偏らないように色々な種類の食品を食べるようにするのがいいそうです。
ぜひ参考にしてみてください。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る