gumソフトピック歯間ブラシで歯槽膿漏予防!顎関節症も改善

gumソフトピック歯間ブラシで歯槽膿漏予防2

あなたは歯間ブラシを使っていますか?つい最近では、サンスター「ガム・ソフトピック(ミント付)」のCMも放送され、歯間ブラシの認知度も高くなり使っている人も増えていると感じています。この歯間ブラシを使うことで多くの口内トラブルを改善できます。

口内環境を整えることで歯周菌を抑え、歯槽膿漏・虫歯の予防が出来る上「噛み合わせの改善・顎関節症の改善」の効果も得られます。

スポンサードリンク

サンスターガム・ソフトピック(ミント付)口コミ

gumソフトピック歯間ブラシで歯槽膿漏予防

gumソフトピック(ミント付)とは、ゴムタイプのピックで歯周プラークを優しく除去できます。
楽天市場を覗いてみると、レビュー数は少ないもののとても評価が高いですね。

・食べカスが良く取れ歯周病予防になる
・ミントのフレーバーが爽やかです
・携帯ケースも付いているので便利です
・使った後育も痛くならなく良いです

ガム・ソフトピック楽天市場の口コミページへ

なぜ、歯間ブラシが歯周病予防になるのか?

ほとんどの歯槽膿漏や虫歯は歯磨きでの磨き残しが原因です。歯周病とは、細菌による感染症で、徐々に歯の周りの組織を壊していき・やがて歯を支えている骨(歯槽骨)をとかして歯が抜け落ちる原因になってしまいます。

私の個人的な感覚では、よっぽど歯並びが良くなければ歯間ブラシを使わなければ歯の健康は保てないと考えています。これは年齢を重ねるほど影響を受けやすく・歯茎が弱くなることで・歯と歯の隙間が増え汚れがたまりやすくなります。

出来るだけしっかりとした歯磨きを心がけつつ・歯間ブラシを使う習慣を持つということが大切な自分の歯を守ることにつながります。

口内環境が良くなると噛み合わせも良くなる

口内環境が悪いと「噛み合わせが悪くなったり・顎関節症の原因になる」ということはご存知ですか?更に言えば、口内環境の悪化が大きなストレスにもなります。私自身、口内環境の悪化から中度程度?の顎関節症になっていました。

噛み合わせというのは、生活習慣によってどんどん悪化していき・悪い環境を続けていくと美味しく料理を食べることも難しくなるし・体の重心がずれあらゆる健康面に悪影響を与えます。

私は、口内環境を整えることで顎関節症が大分改善しています。別のブログで「顎関節症の治し方|セルフケアで改善できた方法を紹介します」という記事を書いています。

軽度の顎関節症の人や噛み合わせが悪い人は参考にしてみてはどうでしょうか?この改善方法は実際に私の実体験なのでほぼ間違いないと確信しています。
※中~強度の顎関節症の人は診断を受けた方が良いでしょう。

※成人のほとんどの人が歯間ブラシは使うべきです。使わなければ口内環境を良くするのは難しいです

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

2014.12.20

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

「2017年1月14日更新」 スーパーやコンビニで市販されているヨーグルトを食べ比べし「美味しい市販ヨーグルト人気お薦めランキング」を作っ…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る