じゃがいもの主な栄養分とすごい効能まとめ|保存方法や料理レシピも

じゃがいもの主な栄養分とすごい効能まとめ|保存方法や料理レシピも

じゃがいもの主な栄養分は「ビタミンC・ビタミンB1・カリウム・でんぷん・クロロゲン酸・食物繊維など」です。クロロゲン酸には糖の吸収を抑える効果があり糖尿病の発症のリスクを半減する効果があると言われています。

また、ビタミンCや食物繊維が豊富なじゃがいもは「1日1個食べるとガンの予防が出来る」ので常食したい食材ですね。今回は「じゃがいもの栄養素・効能・保存方法・美味しい時期・実際に作った料理レシピ」をアップしました。

スポンサードリンク

じゃがいもの凄い効能

    じゃがいもの効果・効能

  • 腸内環境を整える
  • 免疫力を高める
  • 視力回復
  • 糖尿病を防ぐ
  • 代謝を上げる
  • 高血圧を防ぐ

ガンや糖尿病予防に

ビタミンCのサプリメントの原料のほとんどがじゃがいもを使っているぐらいにビタミンCが豊富でリンゴの8倍もの量がある。ビタミンCは、体の結合組織であるコラーゲンの合成に必要で「血管・皮膚・胃腸・粘膜・骨」を強化する。
また、抗酸化作用を発揮し免疫力を高めるので風邪やガンの予防にも役立つ。

じゃがいもの皮の近くにクロロゲン酸が多く含まれ、糖尿病予防に効果がある。カリウムも豊富なので高血圧予防・視力回復にも有効だと言われている。フランスでは、「大地のリンゴ」と表現されるほど栄養価が高い野菜。

じゃがいもの主な栄養分

じゃがいもの主な栄養分は「ビタミンC・B1・カリウム・でんぷん・クロロゲン酸・食物繊維」が豊富で、毎日1個食べるとガン予防が出来ると言われている。

[adsense]

じゃがいもの保存方法

気温が暖かいと芽が出やすいので「新聞にくるんで冷蔵庫の野菜室」で保存する。
リンゴのエチレンガスがじゃがいもの発芽を抑えるので、リンゴと一緒にポリ袋に入れて保存すると良い。

じゃがいもの美味しい時期

じゃがいもの美味しい時期は「5月・6月・7月」頃で、新じゃがは5月・6月に収穫され新鮮なものを言う。

じゃがいも食品成分表

食品成分表100g あたり
エネルギー 76kcal
水分 79.8g
たんぱく質 1.6g
炭水化物 17.6g
カリウム 410mg
マグネシウム 20㎎
リン 40mg
0.4mg
亜鉛 0.2mg
マンガン 0.11mg
ビタミンB1 0.09mg
ビタミンB2 0.03mg
ビタミンB6 0.18mg
ビタミンC 35mg
食物繊維 1.3g

じゃがいもの種類一覧表

じゃがいも一覧表
レッドムーン・シンシア・十勝こがね・ギャガキッズレッド・キタアカリ・北海こがね
スタールビー・キタムラサキ・メークイン・インカのひとみ・とうや・マチルダ
インカのめざめ・男爵

じゃがいもを使った料理レシピ

朝食やおやつにおすすめ~!?じゃがいものポテトパンケーキ作り方!9
朝食やおやつにも便利なポテトパンケーキの作り方です。今回は塩で味付けしたので主食的な感じの仕上がりです。砂糖で味付けして、はちみつやバター・生クリームを使えば美味しいおやつの出来上がりです。
>>朝食やおやつにおすすめ~!?じゃがいものポテトパンケーキ作り方!

美肌成分リコピンたっぷり!?じゃがいものニョッキ トマト仕立て!14
人気料理家・栗原はるみさんのレシピから「じゃがいものニョッキ・トマトソース」です。野菜だけで作れるメインディッシュとしていかがでしょうか?
>>美肌成分リコピンたっぷり!?じゃがいものニョッキ トマト仕立て!

ヘルシーなおからでカサ増しポテトサラダ!ギャル曽根ちゃんレシピ4
人気タレントギャル曽根ちゃんの超ヘルシーなカサ増しダイエットポテトサラダです。以前放送されていたはなまるマーケットで紹介され注目を浴びたレシピです。
>>ヘルシーなおからでカサ増しポテトサラダ!ギャル曽根ちゃんレシピ

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る