赤身のお肉はダイエットの味方!?1日に食べる量の目安&レシピや効果!

赤身のお肉はダイエットの味方!?1日に食べる量の目安&レシピや効果!

お肉=ステーキで海外をイメージすると太るという感じがしますが、実は赤みのお肉はダイエットの味方なのです。ダイエット中こそお肉を食べて欲しいということで、赤みの実力をまとめてみました。

スポンサードリンク

赤身のお肉はダイエットの味方

赤身のお肉はダイエットの味方!?1日に食べる量の目安&レシピや効果!2

最近赤身のお肉がダイエットにいいということをよく耳にします。テレビでもお肉はたんぱく質なので推奨されています。特に赤身は脂肪が少ないことから長生きしたければ、お肉を食べることも勧めている本もありました。

お肉って太るんじゃないかってイメージが大きいのですが、たんぱく質はダイエットにはかかせないですし、筋肉やにもなって、さらに消費アップにもなるというから、いままでお肉に対して太るというイメージがあった人は認識が変わるかもしれません。

赤身のお肉には脂肪燃焼を促すL︲カルニチンが含まれていますので代謝アップ効果もあります。ただお肉は消化があまりよくないので、お肉を食べるときは消化を助けてくれる生野菜や大根おろしなどを食べるのがいいそうです。

どの位の量を食べればいい?

赤身のお肉はダイエットの味方!?1日に食べる量の目安&レシピや効果!3

赤身のお肉には代謝アップ効果があってダイエットによいということは分かりました。それでは、お肉をどのくらい食べれば効果があるのでしょうか?

理想の目安は手のひら1枚分の牛肉か豚肉の赤身のお肉を1日1回食べることです。昼に食べられれば一番理想なのですが、夜でも大丈夫です。昼に食べれば間食の防止にもなるそうですよ。甘いものが食べたくなくなるなんてすごい効果ですね。

赤身お肉のダイエットレシピ

赤身のお肉はダイエットの味方!?1日に食べる量の目安&レシピや効果!4

簡単牛丼の作り方

    材料

  • 牛肉(赤身) 150g
  • こしょう   少々
  • 小松菜    3~4把
  • 玉ねぎ    1個
  • 炒め油    少々
  • めんつゆ(2倍濃縮)100cc
  • 水3     300cc
  • 砂糖     大さじ1/2~1
    作り方

  1. 玉ねぎはスライスにして、小松菜を食べ易い長さに切ります。
  2. 牛肉も食べ易い大きさに切る。
  3. 牛肉にこしょうをふり、油をひきフライパンで炒めます。
  4. 牛肉に少し火が通ったら玉ねぎを加えて炒め青菜も加えて炒めます。
  5. 全体がしんなりしたら、分量の水で薄めためんつゆと砂糖を入れて煮ます。
  6. 味がしみてきたら完成です。

ダイエット関連記事

ギャル曽根ちゃん和風ドライカレー!?カサ増しダイエット《玉葱氷入り》10
食べないダイエットというのはストレスがたまりかえってリバウンドするリスクが高いです。運動を取り入れて筋力をつけ代謝を上げることがダイエットの基本(理想)です。

運動を取り入れた方が良いというのは前提ですが…ギャル曽根ちゃんのダイエットレシピなら「たくさん食べても太りにくいダイエットレシピが満載」です。カサ増しのポイントを参考に普段の料理に取り入れてみて下さい。
ギャル曽根ちゃんダイエットカサ増しレシピ一覧表

ネギダイエットで15キロ減!?朝食に長ネギ納豆ですごい効果!
長ねぎはダイエット効果や美肌効果、生活習慣病予防にも効果が高いことが分かっています。朝食に納豆とネギを食べダイエットに成功している人もいますね。
ネギダイエットで15キロ減!?朝食にねぎ納豆ですごい効果!

酢大豆ダイエット
歌手の瀬川瑛子さんがダイエットに成功した方法です。酢大豆の作り方や1日に食べる目安などブログ記事にまとめました。
酢大豆でダイエット!?酢大豆の作り方と1日食べる量の目安とは?

おわりに

お肉は消化が大変なので、生野菜や薬味などと一緒に食べるといいそうです。牛丼と一緒にサラダも食べるとよさそうですね。簡単に作れる牛丼を作ってみたいと思いました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

ピックアップ記事

2015年~ヨーグルト新商品一覧表|明治・森永・ダノン・小岩井・北海道乳業12

2015.3.7

ヨーグルト新発売・新商品一覧表|明治・森永・雪印・ダノン・カルピス・ヤクルト他

「2017年1月18日更新」 もっとヨーグルトを楽しみたい!もっと多くの人にヨーグルトを食べてもらいたい!と思い、大手メーカー...明治・…

ヨーグルトタイプ別カテゴリー

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る