色々な乳酸菌を摂る←腸内環境にいい!毎晩2回違うヨーグルト食べてます

色々な乳酸菌を摂る←腸内環境にいい!毎晩2回違うヨーグルト食べてます

ゆずちゃん
私がヨーグルトを食べ始めたきっかけは、なんといっても健康対策です!

もともと、乳製品が好きなのですが、仕事をはじめてから年中風邪をひいていて、なかなかすっきりと過ごせなかったとき、とあるテレビ番組で腸内環境を整えて、風邪をひかないようにするには、ヨーグルトが良いという情報を得ました。

スポンサードリンク

色々なヨーグルトを食べ腸内環境を整える

小岩井生乳100%プレーンヨーグルト400g!?1日の摂取目安と口コミ効果!

それから、ヨーグルト自体が好きなこともあって、意識してヨーグルトを生活に取り入れ始めました。

今までは、4つのパックのフルーツのヨーグルトを購入していて、プレーンのヨーグルトはなかなか選びませんでしたが、違う種類のプレーンヨーグルトをとることで、腸内の細菌が活性化して働くとのことなので、意識して、朝・夕と2回違うメーカーのヨーグルトを摂るようにしています。

主に、恵みヨーグルト小岩井生乳ヨーグルトビヒダスヨーグルトブルガリアヨーグルトなど、その日の気分やスーパーで安いものなど、ローテーションですが、冷蔵庫には常に複数の種類のヨーグルトを保存するようにしています。

最近は、朝ごはんに野菜スムージーをとるようになりました。生野菜にヨーグルト、牛乳を入れてミキサーにかけて、とろとろ状にします。飲みやすくなって、ヨーグルトも入っているので、栄養バランスも満点です。

毎日の繰り返しで飽きてしまうときには、そのように変化してみるのもよいかもしれません。

トッピングを工夫し美肌効果アップ

また、はちみつ、マンゴー、ブルーベリーなど、トッピングをすることもおすすめです!はちみつは、ヨーグルトと一緒になることで、オリゴ糖がヨーグルトのビフィズス菌をさらに働かせ、美肌効果をアップさせることにもつながります。

マンゴーやブルーベリーは、冷凍商品を使うと便利です。マンゴーは、ドライフルーツのマンゴーを使うこともおすすめです。一晩漬けておくと、よりおいしさアップです。

中でもお気に入りのヨーグルトは、小岩井生乳ヨーグルトです。とてもなめらかで、コクがあってデザートのようにさらっと食べられます。

飲むヨーグルトとしても食べられるくらい、なめらかな舌触りと、独特の風味がクセになります。最近では、小岩井バニラヨーグルト脂肪0という種類も、ほのかなバニラ風味がさらに食べやすさが加わって、お気に入りになっています。

毎日続けることを心がけています

色々な種類のヨーグルトを食べることで、腸内環境が整ってきたのか、風邪をひく機会も目に見えて減りました。インフルエンザなど、季節のウイルスにも負けず、この冬も乗り越えました。(2年連続です!)

ヨーグルトをたくさん食べるというよりは、少ない量を毎日継続するということを心がけていくことが、ポイントです!

腸内環境は目には見えませんが、風邪をひかなくなるなど、少しずつ効果が表れてくるので、続けていくことにやりがいも感じられます。

また、スーパーでヨーグルトを選ぶ時は、たくさんの種類のヨーグルトの中から選んでいくので、メーカーごとの味や効果の違いなども楽しめるようになっていきますよ。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る