10年もの慢性的な便秘が…フルグラで改善!?週に1度のお通じなんて今では考えられない!

10年もの慢性的な便秘が…フルグラで改善!?週に1度のお通じなんて今では考えられない!5

1年ほど前に、母親がカルビーのフルグラを大量に送ってきてくれたのがフルグラに出会ったきっかけでした。

それまでフルグラという商品名だけは耳にしたことがあったのですが実際にはシリアルがあまり好きではなかったので自ら進んで購入して見ようとはまったく思ったことがなかったのです。

スポンサードリンク

10年もの慢性的な便秘が…フルグラで改善

10年もの慢性的な便秘が...フルグラで改善!?週に1度のお通じなんて今では考えられない!

しかし送られてきたフルグラの袋を見て、いかにも美味しそうな写真が印刷されていたので、試しにつまんでみることにしました。すると自分が想像していた食感、味とはまったく違うもので驚きました。
参考:フルグラ大きめいちご

フルグラは想像以上に美味しいものだったのです。こんなに美味しいものが存在していたなんて!と、本来の牛乳をかけて食べることもせず、そのまま袋に手を突っ込んでどんどん食べてしまうほど美味しく感じました。

一旦食べ始めると止まらないのです。シリアルがこれほど美味しいというのは衝撃でした。

それからフルグラが大のお気に入りになった私は、毎朝フルグラに豆乳をかけて朝食としました。時々バナナが余っていたらそれもスライスしてフルグラの上に乗せて食べたりすることもあります。

実はフルグラを食べるようになるまでは、私はひどい便秘症で悩んでいました。ひどい時には一週間に1度ぐらいのお通じしかなかったりして、お腹がパンパンに張ったりすることもよくあったのです。

フルグラを開始しほぼ毎日お通じが来るように

10年もの慢性的な便秘が...フルグラで改善!?週に1度のお通じなんて今では考えられない!2

それがフルグラを食べるようになってから1週間もしないうちに、ほぼ毎朝お通じがきちんとあるようになってきたのです。

こんなに快適な朝は、思い出す限りここ10年近くなかったように思いました。そんな慢性便秘がフルグラを朝食に取り入れた途端に簡単に改善されてしまったのですから、グラノラの豊富な食物繊維が便通を促してくれるのに大きく役立ったのだとはっきりと実感することができたのです。

おいしいし・効果的なので続けやすいですね

10年もの慢性的な便秘が...フルグラで改善!?週に1度のお通じなんて今では考えられない!3

それ以来、一年もフルグラを食べ続けていますが、不思議と飽きがこないのです。それはやはりフルグラは単なるグラノラだけではなくて、様々なドライフルーツが入っているから味が単調でないことが理由なのだと思います。

シリアルの中でもグラノラを使用したシリアルは食物繊維が豊富なので、便秘だけでなく血管の健康を保つのにも非常に効果があるようです。
参考:食物繊維の特徴や効果

グラノラはアメリカではすでに生活習慣病予防に大きな効果があることが研究発表されているので、ずいぶん以前からグラノラを朝食に取り入れることを推奨していたのだそうです。

日本でも手軽にグラノラのシリアルを手に入れられるようになったのは、そのグラノラの健康効果が認められてきたからなのだと思います。
関連:おいしいグラノーラ(フルーツ)人気シリアルお薦めランキング

フルグラは女性の健康にピッタリの食品

10年もの慢性的な便秘が...フルグラで改善!?週に1度のお通じなんて今では考えられない!4

私も、今後もフルグラを朝食として、また時には口寂しい時のおやつとして、もっと活用していきたいと思っています。

美味しくフルグラを食べて女性の大敵である便秘を解消したり、グラノラに豊富に含まれている鉄分が女性に多い貧血などを予防してくれたりするので、まさに女性の健康にはぴったりの食物だと言えます。
体験談:フルグラは貧血や便秘改善に効果的!

最近は従来のフルグラに加えてマンゴ〜フルグラなど味のバリエーションも出ているのでさらに長く続けられそうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

2014.12.20

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

「2017年5月14日更新」 スーパーやコンビニで市販されているヨーグルトを食べ比べし「美味しい市販ヨーグルト人気お薦めランキング」を作っ…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る