ヨーグルトは栄養の宝庫!?私はココア&黒豆をトッピング←健康効果をこっそりご紹介!

ヨーグルトは栄養の宝庫!?私はココア&黒豆をトッピング←相乗効果をこっそりご紹介!3

ヨーグルトを食べ始めたキッカケは、とにかく好きだったからです。美味しいし、乳製品は全面的に好きで牛乳、チーズ、生クリーム、ヨーグルト何でも食べていました。

そのうち、ヨーグルトは腸の健康にいい乳酸菌がたくさんは入っていると知り、積極的に摂るようになりました。

スポンサードリンク

ヨーグルトは栄養の宝庫!私はココア&黒豆をトッピング

ヨーグルトは栄養の宝庫!?私はココア&黒豆をトッピング←相乗効果をこっそりご紹介!4

ヨーグルトならば、どのメーカーでも好きですが、よく食べていて味が好きなのはチチヤスのヨーグルトです。ただし、50代に入っての血液検査でコレステロールが多いと知り、それからは低脂肪のヨーグルトや低脂肪牛乳に変えました。

大体毎日朝、摂るようにしています。それというのも、私は血液検査をすると、善玉菌が標準を越えて多いのです。若干コレステロールが高いものの、善玉菌が多いので悪玉菌が低くなり、全体では若干コレステロールが高い位にとどまっています。

善玉菌が多いために、総コレステロールは余り高くならなくて済んでいるのです。その理由で考えられるのは、ヨーグルト以外に考えられません。

一時、ヨーグルトを食べないでいた時、検査をしましたら標準内ではありましたが、善玉菌は減っていました。
関連:プレーンヨーグルトランキング

ヨーグルトの栄養や健康効果

【体験談】おいしさと健康..両立のヨーグルトは?やっぱり、小岩井ブランドです!

ヨーグルトには牛乳のたんぱく質や脂質、ビタミン、カルシウム、リンが多く、発酵食品なので、乳酸菌によって腸内環境整えます。カルシウムはイライラを抑える作用があり骨にも効果的。

ヨーグルトを摂取すると善玉菌の動きが活発になり、腸内環境を整えてくれます。ヨーグルトに含まれる「フルーツ酸」と「乳清」は、角質層をとりのぞく作用があるのでくすみやシミ対策なるとも言われています。

私はここにココアを加えます。砂糖とか何も入っていないピュアココアを入れるのです。入れ方は簡単でスプーン一杯くらいのココアをヨーグルトに入れるだけです。

ココアの栄養成分と健康効果

ヨーグルトは栄養の宝庫!?私はココア&黒豆をトッピング←相乗効果をこっそりご紹介!

一方、ココアの原料というのはチョコレートの原料となるカカオ豆が含まれていますが、ココアにも驚くほどの健康にいい栄養成分があると言われます。

ココアの100g中の成分で目立つのは2800mgというようにダントツのカリウム。鉄14mg、ビタミンB20.22mg、カルシウム140mg、食物繊維総量23.9gです。

それ以外のミネラルなどの成分として、カフェイン、ポリフェノール、亜鉛、銅、マグネシウムなども含まれているといわれます。

カリウムが多いということは、血圧降下の効果があります。カルシウム、鉄も含有しているということは貧血予防にもなります。

また、ポリフェノールを豊富に含むココアは抗酸化作用がありますから、増えがちの活性酸素を抑制し体内の細胞を活性化してくれますから、アンチエイジング効果も期待できるというわけです。

ということは美肌効果も望めるということです。また、ココアポリフェノールの殺菌力はインフルエンザの感染予防やガン予防にもなると言われます。

ヨーグルトの栄養×ココアの相乗効果は?

ヨーグルトの乳酸菌の効能とココアの効能をプラスすれば、鬼に金棒的健康志向の飲み物となるはずです。

このゴールデンコンビは乳酸菌で腸を整え、なおかつ、ココアポリフェノールが細胞活性化させますから美肌のみならず、免疫力を高め、貧血にも役立ち、高血圧を下げ 動脈硬化の予防にもなるはずです。

二つのバワーでより健康的飲み物となると思います。飲み方としては飲むヨーグルトにココアパウダーを加えてクルクルとかきまぜるだけ…。

ついでに、私はここに自分で煮た黒豆をトッピングします。黒砂糖を使っていますから、黒砂糖のミネラルを摂ることもできます。

黒豆の栄養と健康効果は?

ヨーグルトは栄養の宝庫!?私はココア&黒豆をトッピング←相乗効果をこっそりご紹介!2

黒豆の効能には○美肌効果○動脈硬化予防○糖尿病予防○血圧を下げる効果○善玉コレステロールを増やす○更年期障害の緩和効果○骨粗しょう症予防○便秘解消などがあります。

黒豆はパーフェクト食品で、アントシアニン、イソフラボン、サポニン、食物繊維などが含まれていますが、他にも良質大豆たんぱく、ミネラル、オリゴ糖、ビタミンB群、ビタミンEなどの成分が含まれるため、生活習慣病他さまざまなな病気を網羅しています。

特に、ミネラル類の含有量もカリウム330mg カルシウム80mgをはじめ、マグネシウム60mg 鉄分4.2mgと豊富です。

黒豆にはイソフラボンが含まれますが、その効能としては強力な抗酸化作用があり腸の運動を促進、老廃物を排出してくれる作用もあります。

それと女性ホルモンエストロゲンに似た物質がありますから、生理機能や卵巣の機能向上にも役立ってくれます。まさに女性のための食品に思えます。

また、イソフラボンは血中コレステロールを減少させる効果もあります。私は、コレステロールが高いので、まさに欠かすことができない黒豆なのです。

アントシアニン効果もあります。これは強い抗酸化力のため活性酸素を抑制してくれますので、細胞は活性化して美肌をつくってくれるというのです。

メラニンの産生量を抑える働きもありますから、美白効果も期待できます。また、アントシアニンには善玉ホルモンの分泌を活発にする働きがあり、インスリンの働きを正常化する作用もあります。

ヨーグルトの栄養+ココア・黒豆の相乗効果で健康を維持

今後ですが、私はココア入りヨーグルトをこれからも続けていきたいと思っています。これを続けていれば、確かに善玉コレステロールが増えているのか体調が悪くありません。

善玉コレステロールが増えるということは、腸内細菌もいい菌に変わっていることだろうと思いますので、私はこの方法を続けていこうと思っています。

その効果があるのか分かりませんが、私の花粉症もほとんど消失しましたし風邪も滅多にひきません。運動とか意識的に行っていないのに、何とか健康でいられるのはヨーグルトとココアと黒豆のおかげだと思っています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る