グリコ「ヨーグルト健康Original taste 」数十年ぶりに食べてみました

グリコ「ヨーグルト健康」

数十年ぶりに”グリコ「ヨーグルト健康Original taste 」”をたべてみました。こちらの商品ってお子様向けのヨーグルトなので食べた感想というよりは…ヒストリーなどを追ってみたくてアップした感じです。

商品の概要やカロリー&原材料、その他いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

グリコ「ヨーグルト健康」

グリコ「ヨーグルト健康」2

発売:1969年-月-日
商品:グリコ「ヨーグルト健康」
容量:125g
価格:-円(税別)
会社:グリコ
購入:セブンイレブン
公式サイトはこちら

カロリー&原材料

グリコ「ヨーグルト健康」4

種類別:はっ酵乳 無脂乳固形分:8.1% / 乳脂肪分:1.7%
原材料名:生乳、砂糖、乳製品、ゼラチン、寒天、乳等を主要原料とする食品、乳清ミネラル / 香料、乳化剤、増粘剤(キサンタンガム)、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)

グリコ「ヨーグルト健康」3

栄養成分 1カップ125g
エネルギー 122kcal
たんぱく質 4.2g
脂質 2.3g
炭水化物 21.0g
食塩相当量 0.13g
カルシウム 128mg

グリコ「ヨーグルト健康」食べてみました

生きて腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌と国産原料のきび砂糖を使用しています。生乳仕立てでコクがあり、すっきりとした甘さのヨーグルトです。

グリコ「ヨーグルト健康」5

グリコ「ヨーグルト健康」6

グリコ「ヨーグルト健康」は、1969年に発売されなんと48年を超すロングセラーのヨーグルト。

私が子供のころはまだまだヨーグルトの種類も少なく・今ほど世の中にヨーグルトが定着していない時代でした。

私も今では40代。子供の頃にお世話になったヨーグルトがまさに”グリコ「ヨーグルト健康」”だったように記憶しています。あと、今でも定番で人気のジョアヤクルトでしょうか。

1960年代まだまだヨーグルトが世の中に定着していない時代に”「栄養分の高い牛乳」と「乳酸菌」で人々の健康を育みたい、という思い”をコンセプトに「ヨーグルト健康」は生まれたそうです。

    ホームページを覗くと「ヨーグルト健康」のこだわりについても触れていました。

  • 子供から大人まで楽しめる酸味を抑えたすっきりとした甘さ。
  • ほと良い固さのヨーグルトで子供でもスプーンからこぼれにくい。
  • 生きて腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌を使用しお腹の健康もサポート。
  • ※一部改変しています

公式サイトでは、ヨーグルトのコンセプト、こだわり、商品キャラクターのヒストリーなど知ることができます。

また、スペシャルサイト(ページ)も用意されていて…子育てQ&A、ヨーグルトを使った四季折々のレシピもアップされていて充実した内容となっています。

商品の概要欄に公式ホームページのリンクは貼っているので興味があったら覗きに行ってみて下さいね。

最後に…私が今後リピートするかにふれておきます。

子供が小さい時期なら一緒に食べることも考えていたと思いますが…子供が大きくなった今となってはリピートしないと思います。すっきりして食べやすいですが…大人が食べる魅力としてはそれほど高くないように感じました。

※おいしい点数:5.0点満点中 → 2.5点

一方、ヤクルトやジョアは「なぜかリピートする魅力のある」商品です。毎日利用しているわけではありませんが、時折飲みたくなるから凄いですよね。

ヨーグルトランキング

美味しいヨーグルト人気お薦めランキング!?乳酸菌の機能にも注目!3

おいしい市販ヨーグルト人気おすすめランキング!

今回ご紹介した「ヨーグルト健康」はさすがに上位にランキングすることはなさそうですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る