鮭(サーモン)の栄養成分と健康効果・効能|アスタキサンチン・DHA・EPA・たんぱく質ほか

鮭(サーモン)の栄養成分と健康効果・効能|アスタキサンチン・DHA・EPA・たんぱく質ほか

注目の成分…アスタキサンチンやDHA・EPAがたっぷり摂れる「鮭(サーモン)の種類と栄養・健康効果」についてまとめました。このページは「健康に役立つ栄養学・効能」カテゴリーに保管しておきます。

このページの趣旨は…私自身が鮭(サーモン)の健康効果や成分について深く学びたいということと・鮭(サーモン)について検索された際に役立つページにしたいということでまとめました。

今後も、鮭(サーモン)についての情報を集め必要なものを追記していきます。

スポンサードリンク

鮭(サーモン)に含まれる栄養成分

・DHA
・EPA
・アスタキサンチン
・ビタミンB群
・ビタミンD
・ビタミンE
・たんぱく質

鮭(サーモン)による健康効果・効能

鮭(サーモン)は、近年「究極のアンチエイジングフード」として注目を集めている。

風邪への抵抗力を高めるビタミンA、代謝を促進するビタミンB群、抗酸化作用が強力なビタミンEも多く含まれる。ビタミンDの含有量も多く骨粗鬆症の予防にも役立つ。

更には…鮭ならではのアンチエイジング成分のアスタキサンチン、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸のDHA・EPAなど、驚くほどの健康や美容に効果的な食品。

・老化予防
・免疫力を高める
・老眼防止
・風邪を防ぐ
・肥満を防ぐ
・がん予防
・骨粗鬆症を防ぐ
・動脈硬化を防ぐ
・糖尿病を防ぐ

DHA・EPA

鮭のハラミやイクラには、血液をきれいにして動脈硬化やボケを防止する不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富。

鮭の鼻の軟骨部分(氷頭)には、小腸での脂肪や糖の吸収を抑えて肥満防止に役立つ成分が多く含まれている。肌荒れ、メラニンの生成を抑え肌に弾力を与え若々しい肌を保つ。

青魚を食べるとやせる? DHA・EPAのダイエット効果に注目

アスタキサンチン

鮭の赤い身は、海老や蟹と同じでアスタキサンチンという天然色素によるもの。この色素は、ビタミンE・βカロテンリコピンなどの脂溶性抗酸化物質の中で最も抗酸化力が強いことから、鮭は最強の抗酸化食品といわれる。

アスタキサンチンは、鮭が秋口に産卵のために川を遡上する直前に食べるプランクトン・藻・海老・蟹の幼生に多く含まれる。これらが鮭の体内で代謝され、活性酸素による酸化を様々な障害から守る。

アスタキサンチンは、活性酸素を抑えることから老化を予防する効果を発揮する。また、免疫力を高める働きからガンの予防にもつながる。

更に、脳の活性酸素を除去して脳の変性やボケを予防したり、目の障害を防いだり老眼の進行を抑える働きも期待できる。

ビタミンE

ビタミンEは、酸化や過酸化脂質への変化を抑え減速する抗酸化作用を担っている。抗酸化作用により血管の健康を保ち、血管を流れる血液をサラサラにする。

頭痛、冷え性、更年期障害、不妊症、老化などを防ぐ女性に優しいビタミン。

ビタミンEが不足すると、血行障害からくる肩こり頭痛、しもやけ、冷え性、更年期障害を悪化させ、老化を早めてしまうことにもなる。

血管年齢を若くするストレッチ
血管年齢がみるみる若返る!?蒸し大豆の栄養パワー

ビタミンB群

水溶性のビタミンでは、炭水化物が体内でエネルギーに代わる時に働くビタミンB1、脂質を有効に利用する働きをするビタミンB2、たんぱく質をエネルギーに変える時に欠かせないビタミンB6などを多く含む。

鮭は、ビタミンAの効能が期待できるアスタキサンチン・ビタミンD・Eを含め、ビタミンのバランスが取れた食品(ビタミンCは除く)である。

たんぱく質

鮭に含まれるたんぱく質は、牛や豚に引けを取らないほどたっぷりで、たんぱく質を構成する20種類ほどのアミノ酸組成もバランスが取れている。加えて、牛、豚に比べてエネルギーは約6割程度なので、低脂肪高たんぱくの食品ということになる。

鮭(サーモン)の栄養成分表

食品成分表 可食部100gあたり
エネルギー 133kcal
水分 72.3g
炭水化物 0.1g
たんぱく質 22.3g
脂質 4.1g
ナトリウム 66mg
カリウム 350mg
カルシウム 14mg
マグネシウム 28mg
リン 240mg
0.5mg
亜鉛 0.5mg
0.07mg
マンガン 0.01mg
ビタミンA(レチノール当量) 11μg
ビタミンD 32μg
ビタミンE 1.2mg
ビタミンB1 0.15mg
ビタミンB2 0.21mg
ナイアシン 6.7mg
ビタミンB6 0.64mg
ビタミンB12 5.9μg
葉酸 20μg
パントテン酸 1.27mg
ビタミンC 1mg

鮭(サーモン)、その他

名前の由来:さけとはアイヌ語のサクイベ(夏の食べ物)からとも。身が容易に裂けることからからとも。
雄と雌の見分け方:雄は産卵期になると口先が伸びて湾曲し「鼻曲がり」になる。顔つきが荒々しくなる。雌は、まるみのある優しい顔つき。

関連レシピ
鮭、サーモンのレシピ(クックパッド)
鮭のレシピ(キッコーマン)
人気の鮭レシピ(みんなのきょうの料理)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

サイト内検索

ピックアップ記事

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?2

2015.3.17

ヨーグルトはいつ食べる→ブランド別~1日の摂取目安&便秘時の摂取量!?

「2015年5月24日更新→ダノンデンシア・カスピ海ヨーグルトUP」 ヨーグルトメーカーのブランド別に「1日の摂取目安や食べるタイミング」…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る