スポンサーリンク

えのき茶 作った感想 はなまるマーケット

ダイエット

えのき茶を作ってみました。
はなまるマーケットでみた方法と、朝いちのいいとこどりのえのき茶を作った感想です。

スポンサーリンク

えのき茶

内臓脂肪に効果的と、言われているえのき茶です。
2週間で26%も内臓脂肪が減ったという報告もあります。

えのきたけに含まれているキノコキトサンが脂肪の吸収を抑え、
エノキタケリノール酸が内臓脂肪を分解する効果があるそうです。

→ 前回のえのき茶の記事

えのき茶作り方と飲み方

NHKの朝いちという番組でも、えのき茶を放送していたそうです。
そこで、はなまるマーケットと朝いちの作り方のいいとこどりをしました。

1. えのきを天日干しにして細かく切ざむ。天日干しは2時間ぐらい。

はなまるマーケットでは3日天日干しするそうですが、半日天日で干して
水分が残っている場合はフライパンで7、8分ほど煎りました。

2. やかんなどで水を沸騰させて、95度程度までさます。

3. 保温ポットに、刻んだほしえのきを5g、お湯500mLを入れ、ふたをする。

4. 30分そのまま置いて出来上がり

えのき茶の飲み方

500mLを1日かけて飲むこと。

中に入っている干しえのきはそのまま食べるか、しっかり絞って飲みきるか、どちらかすること。

えのき茶を作って飲んだ感想

はなまるマーケットでは、えのき茶を95度のお湯に入れるとは書いてありませんでした。
そのため、沸騰したポットのお湯でいれました。

30分後に飲むとえのき茶は、少し冷めた感じになりました。
そこで、えのき茶を作るときは熱めのお湯がいいと思います。

味については、やっくんが言っていた通り、おいしいものではありません。
えのきの香りがするお湯?という味です。

飲めないわけではないですが、効果がかわらないのであればウーロン茶を入れたり
お味噌汁に入れたりすれば、500mLはとれると思います。

干しえのきを作るのが面倒な人は、ネットでも手に入ります。

おわりに

最初はえのき茶は、おいしいものではないと思いながら飲みましたが、
慣れてきたら普通に飲めるようになりました。

2週間後には内脂肪が減っているぞ!と思いながら続けたいと思います。
じゅんTA

コメント

タイトルとURLをコピーしました