スポンサーリンク

水キムチ 美容と健康に効果抜群!レシピ付、はなまるマーケット6/6

健康

この夏注目するのは、水キムチだそうです。
この夏イチオシ!発酵食品を紹介します。

水キムチ

水キムチって知っていますか?
キムチとどこが違うのでしょうか?

水キムチをみて驚いたのは、色です。
キムチのような色がないんです。
水キムチって、まるで漬物のような感じなんですね。

韓国の焼肉店では前菜として出てくる時も多いのが水キムチ
だそうです。

キムチは普段から食べていますが、水キムチは食べたことがありませんでした。
水キムチは発酵食品で、汁が体に良いのだそうです。

発酵食品と言えばぬかの味噌漬けですが、乳酸菌の量を比較すると
植物性乳酸菌の量は、

ぬかみそ漬け 約1600万個
キムチ    約1億6000万個
水キムチ   約3億個!

と圧倒的に水キムチの乳酸菌の量が多いです。

水キムチの植物性乳酸菌は、生きて腸に届くので、
   
・整腸作用
・便秘解消
・美肌
・免疫力アップ

などの効果があります。
さっそく基本の水キムチの作り方を紹介したいと思います。

水キムチは、汁が命。
水キムチにそうめんや冷麺をゆでて頂いてもオススメです。

[adsense]

基本の水キムチ

材料

大根     200g
キュウリ   2本
塩      小2

材料【A】
水      400cc
塩      小2
上新粉    小1

材料【B】
リンゴ     1/2個
ショウガ薄切り 5枚
ニンニク薄切り 2枚
酢       大3

作り方

1. 大根は5mmのいちょう切り、キュウリは斜め薄切りにしボウルに入れ、
  塩をふって軽くもみ、野菜から水気が出るまで20~30分おく。

2. 鍋に【A】の材料を入れてよく溶かす。

3. 2.を火にかけ、かき混ぜながら、ひと煮立ちさせて火を止め、常温になるまで冷ます。

4. 3.が冷めたら、密閉容器などに入れ、【B】を加える。
  (リンゴは皮付きのまま薄切りにしておく)

5. 1.の野菜を軽く押し、出た水は捨てる。
  流水で洗い、ふきんで水分をとる。

6 4.に5.を入れる。
 (夏は2時間程度、冬は2・3日、春と秋は1・2日常温で発酵させ、冷蔵庫に入れる)

牛肉とゴボウの炒めもの

水キムチをフル活用!具&汁を使ったレシピです。

材料(2人分)

牛肉(焼肉用)   200g
ゴボウ       50g
基本の水キムチの具 200g
基本の水キムチの汁 大4
白すりごま     大2

作り方

1. 牛肉は1cm幅に切り、基本の水キムチの汁を混ぜて20分ほどおく。

2. ゴボウは長めの乱切りにして、水に2分さらしてから水気をふく。

3. フライパンにサラダ油大1(分量外)を熱したら、ゴボウを約3分中火で炒める。

4. 1.を肉を汁ごと加え、強火で炒める。

5. 肉の色が変わったら、水キムチの具を入れ、汁気がなくなるまで炒める。
  火を止め、すりごまをふったら完成。

アボカド豆乳スープ

材料(4人分)

アボカド      1/2個
基本の水キムチの具 150g
基本の水キムチの汁 大3
豆乳        150cc

作り方

1. アボカドは種と皮を除き、果肉をミキサーに入れる。
2. 水キムチの具、汁、豆乳を加え、なめらかになったら完成。

おわりに

水キムチは乳酸菌の量がとても多いく、汁が体に良いそうなので
汁まで使えるスープやそうめんなどもよさそうですね。
水キムチの素もあるので、それを使うともっと便利ですね。

今まで水キムチのことを知らなかったので、さっそく
作って食べて見たいと思いました。
じゅんTA

コメント

タイトルとURLをコピーしました